お知らせトピックス

その他

令和5年度 未来のスペシャリスト育成プログラムが開催されました

8月21日(月)、22日(火)に三重大学にて「令和5年度 未来のスペシャリスト育成プログラム(主催:三重県教育委員会、共催:三重大学)」が開催されました。

本プログラムは、職業学科で学ぶ高校生を対象とした、夏季休業中の集中講座(2日間)です。県内の特色ある企業や大学を訪問し、先端技術の見学や体験、企業経営者や大学教員からの講演、企業で働く人々や高校生同士の意見交換等を行い、高校生が「働くことの意義やよろこび」「学びつづけることの大切さ」について考え、地域の企業の魅力、高い志や専門性を身につける機会となることを目的としています。

当日は、三重県立高等学校の職業学科に在籍する生徒21名が参加し、1日目は地域企業2社(辻製油株式会社、エイベックス株式会社)の会社見学と各社社長による講演、2日目は本学発ベンチャー企業(株式会社プロジェクトM)の社長による講演を聞き、参加者は働くことの意義や自己のキャリア形成について考えを発表しました。
また、本学の数理・データサイエンス館にてドローン、3Dプリンタ、VRを体験し、それら先端技術の体験を踏まえたビジネスアイデアを考えるとともに、意見交換を行いました。

今回のプログラムでは、本学及び他大学からの大学生・大学院生がグループディスカッションのファシリテーターや運営スタッフとして活躍しました。参加者は、講演内容を熱心に聞き入り、本学の先端技術について質問するなどの姿が見られ、参加者及び大学生・大学院生にとって貴重な交流の場となりました。

育成プログラムの様子

トピックス