グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

?「発見塾」三重大学シリーズ

?「発見塾」(はてなはっけんじゅく)に参加しませんか!!

?「発見塾」は教育・研究の拠点、三重大学を市民の目線で理解し、より多く知ろうという、津市民の思いから始められた講演会シリーズです。
ここでは地域社会の発展と安定に必要な身近にある問題などを取り上げ、講師と市民が問題意識を共有することを目的としています。
また、津市における市民の文化集積の場として三重大学を理解いただき、地域と大学の信頼関係を構築することも?「発見塾」のねらいです。

  • 主催  津市・津市民文化祭実行委員会
  • 主管  津文化協会
  • 後援  三重大学・三重ふるさと新聞

 

次回開催案内(事前申し込み不要・参加費無料)

開催日 2020年9月26日(土)チラシ
会 場 津リージョンプラザ1F中央保健センター待合ホール
テーマ 「日本人論批評:日本文化は本当に比類のないモノなのでしょうか」
講 師 人文学部・教授 グットマン・ティエリー

「日本人は勤勉である」、「日本人は和を重んじる」、「日本人は自己主張が弱い」、「日本人は集団で行動する」等々、日本人について幾つかの命題が存在しています。これらは学術上「日本人論思想」と言われており、主に「日本人論」というジャンルの著書に由来しています。その思想の影響で多くの日本人が「日本文化は比類のないモノだ」と考えています。果たして、本当にそうでしょうか。受講者の皆さんと一緒に、比較文化の観点から、幾つかの具体例(著書、テレビ番組、政府資料、広告等)の批評を通じてその思想の妥当性を検証したいと思います。

※感染症等予防のため、ご来場される際はアルコール消毒、手洗い、咳エチケット等のご協力をお願いします。
※講演会が中止となった場合は、津市ホームページ等にてお知らせいたします。


?「発見塾」に関するお問い合わせ先附属図書館総務担当
電 話:059-231-9032
メール:lib-kikaku(at) ab.mie-u.ac.jp *(at)を@に変更して下さい

画面のtopに戻る

2020年度開催スケジュールはこちら