グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

?「発見塾」三重大学シリーズ

?「発見塾」(はてなはっけんじゅく)に参加しませんか!!

?「発見塾」は教育・研究の拠点、三重大学を市民の目線で理解し、より多く知ろうという、津市民の思いから始められた講演会シリーズです。
ここでは地域社会の発展と安定に必要な身近にある問題などを取り上げ、講師と市民が問題意識を共有することを目的としています。
また、津市における市民の文化集積の場として三重大学を理解いただき、地域と大学の信頼関係を構築することも?「発見塾」のねらいです。

  • 主催  津市・津市民文化祭実行委員会
  • 主管  津文化協会
  • 後援  三重大学・三重ふるさと新聞

次回開催案内(事前申し込み不要・参加費無料)

開催日 【終了】3月23日(土)13:30~15:00  【チラシ】
会 場 津リージョンプラザ津図書館視聴覚室
テーマ 超入門 国宝専修寺御影堂如来堂の面白さ
講 師 菅原 洋一(三重大学名誉教授)

国宝に指定された高田本山専修寺の御影堂と如来堂。いったい、どんな所が見所で、どんな特色があるのでしょうか。一見して普通のお寺のように見えても、専修寺には、さすが国宝!という値打ちがあります。本講演では知っているようで知らない、御影堂と如来堂の面白さの秘密を解き明かしてみたいと思います。

?「発見塾」に関するお問い合わせ先附属図書館総務担当
電 話:059-231-9032
メール:lib-kikaku(at) ab.mie-u.ac.jp *(at)を@に変更して下さい

画面のtopに戻る

2018年度開催スケジュールはこちら