川崎病の診断薬を開発

2016.11.15

三重大学マトリックスバイオロジー研究センター(センター長:今中恭子 医学系研究科 研究教授)が、国立国際医療研究センター等との共同研究で、川崎病の治療法を決定するための診断薬の開発に成功しました。川崎病は、日本で最初に報告された日本人に多い病気で、年間1万人以上の子どもが罹患し、急性期に適切な治療を受けないと、生命に関わる重大な心臓の合併症をおこします。今回、開発した診断薬はその心臓の合併症の発症を未然に防ぐことができる、今までにない研究成果です。
この研究成果は日本循環器学会の機関誌「Circulation Journal」に2016年10月25日付で掲載されました。また、同年10月に特許権も取得しています。

日本循環器学会機関誌「Circulation Journal」
 URL:https://www.jstage.jst.go.jp/article/circj/80/11/80_CJ-16-0563/_article
(2016年10月25日掲載)

  • 川崎病は発熱、発疹、目の充血など多くの症状を併発します。全身の血管に炎症をおこし、中でも心臓の血管が壊れてコブのようなものができる心臓の合併症「冠動脈瘤」は、血管が破裂したり、心筋梗塞を引き起こして死に至ることがある重篤な合併症です。一度、冠動脈瘤ができてしまうと、それを治療する方法はありません。

  • 川崎病の治療薬として、血液製剤「ガンマグロブリン」が用いられますが、約15%の人には無効です。またガンマグロブリンで熱は下がっても冠動脈瘤ができる人もあります。そのような人達には、少しでも早く、ガンマグロブリンに加えて別の治療薬の投与を始める必要があります。

  • 今回、開発したのは、血液検査によって「テネイシンC(TN-C)」の数値を測る診断法です。厚生労働省難病研究班で共同研究を行った結果、血液中のテネイシンCの数値が高いとガンマグロブリンが効きにくく、冠動脈瘤ができやすいことが明らかになりました。従って、病院を受診したときにテネイシンCの数値が高ければすぐに、ガンマグロブリンの他にステロイド等、他の薬剤治療を開始して、冠動脈瘤を防ぐことができます。

Rnavi.kawasakibyo

Rnavi.kawasakibyo.profpic

三重大学医学系研究科
研究教授 今中 恭子(Imanaka-Yoshida, Kyoko)

専門分野:循環器病理学 細胞生物学 発生生物学
現在の研究課題:心血管系の発生・循環器病理学



【参考】
 医学系研究科 http://www.medic.mie-u.ac.jp/
 教員紹介ページ(今中 恭子) http://kyoin.mie-u.ac.jp/profile/2031.html