三重大学ネーミングライツ事業

ネーミングライツ事業について

ネーミングライツチラシ画像

 このたび、三重大学では、ネーミングライツ事業を開始し、ネーミングライツパートナーを募集いたします。
 ネーミングライツパートナーとなることで、本学が所有する施設等に、愛称の付与や企業名、商標名、企業ロゴ、シンボルマークなどによるサイン等が掲載できます。企業活動の宣伝や、リクルート活動などPRツールの1つとしてご活用いただけるとともに、大学へご支援いただいていることを多くの方々に伝える機会ともなります。
 さらに、本学としても教育研究環境の向上を図るための財政基盤の強化につながり、学生・教職員により安心安全で快適な教育研究環境を提供することができ、優秀な人材を確保し地域へ輩出することにつながると考えています。
本学が掲げる地域共創大学の理念を実現するため、ネーミングライツ事業について、ご検討をよろしくお願いいたします。

事業内容

◇本学では、ネーミングライツ事業として3つのタイプを設定しています。
・施設指定型:本学が指定した施設等の命名権を与えるもの
・スペース指定型:本学が指定した講義室その他の室、スペース等の命名権を与えるもの
・提案広告型:対象施設等のうちから法人等が提案により指定した施設等への当該法人等の広告掲示等を認めるもの

◇ネーミングライツ事業実施の流れについて
 対象施設について公募により応募を受け付け、選定委員会で審査後、役員会にて決定します。
 ※応募には、申込書のほか会社概要等の書類をご提出いただきます。(公募要領に示します)

◇留意いただきたい点について
 ・愛称等は、法令に違反するものや公序良俗に反するもの、学生等の健全な育成を阻害するおそれのあるもの等は設定できません。
 ・施設の特性上、対象とならない施設もあります。
 ・ネーミングライツ事業の実施に関して、詳細はガイドライン及び規程をご確認ください。

 ネーミングライツ事業ガイドラインはこちら
 三重大学ネーミングライツ事業規程はこちら

応募受付中の施設等(2/1更新)

 現在、応募を受付けている施設・スペースは以下の9ヶ所となります。
 ※各施設等名をクリックすると、施設等の写真、概要、キャンパス内での場所が確認できます。
  1.地域共創プラザ(施設指定型)
  2.クラブハウス(施設指定型)
  3.三翠ホール(施設指定型)
  4.情報ライブラリーセンター2階 アメニティコーナー(スペース指定型)
  5.環境・情報科学館1階 展示ホール(スペース指定型)
  6.環境・情報科学館2階 ラーニングコモンズ(スペース指定型)
  7.環境・情報科学館3階 PBL演習室等(スペース指定型)※全7室
  8.総合研究棟Ⅱ1階 ロビー(スペース指定型)
  9.190番教室(スペース指定型) ※注 工事予定(詳細は公募要領6ページに記載)

  ・公募要領
  ・提出書類:公募要領1ページ目(4.応募方法(1))に記載
  ・申込書 :word形式 PDF形式
  ・応募期限:令和6年2月13日(火) 17時
  ・提出方法:持参又は郵送 期限までに必着
   (郵送の場合は、書留郵便等の追跡サービスが利用できる方法にてお願いします。)

公表中の対象施設等

 対象施設等一覧はこちら
 主な対象施設等
   ・共通教育校舎3号館(全9室)
 一覧表よりご関心のある施設やスペース等があれば、下記までお問い合わせください。
 なお、対象施設等は一覧表の限りではありませんので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先
naming-rights@ab.mie-u.ac.jp(ネーミングライツ事務局)
制度に関すること   059-231-9282(財務部財務企画チーム)
対象施設に関すること 059-231-9847(施設部施設企画チーム)