• TOP >
  • 教育 >
  • 本研究科が養成を目指している人材像

本研究科が養成を目指している人材像

養成する具体的人材像

本研究科では、地域立脚型の企業や自治体等が抱えている課題の克服に必要とされる学際研究を実施すると共に、産業界との連携を通した人材教育を行うことで「プロジェクト・マネジメントができる研究開発系人材」、地域の特性を理解しつつ、工学やバイオの専門知識を活用し、地域の特性を生かしながら、起業、第二創業あるいは画期的な新政策を通して「地域にゼロから1を創造できる社会起業家(ソーシャル・アントレプレナー)人材」を地域社会に輩出することを目指しています。なお、「プロジェクト・マネジメントができる研究開発系人材」および「地域にゼロから1を創造できる社会起業家(ソーシャル・アントレプレナー)人材」とは

1)高度な研究開発に関する能力
2)プロジェクト・マネジメントに関する能力
3)グローバル化に対応した国際感覚

の全てを備えた「高度な専門的職業人」であり、最先端分野の技術に関する幅広い知識と社会に溢れている様々な情報から「社会ニーズを読み取る」ことで新事業についての構想を生み出すと共に、アイデアを事業化するための研究開発を起案し、実行していくマネジメント能力を持つ人材です。

 養成する具体的な人材像

本研究科が養成する「プロジェクト・マネジメント能力」について

本研究科で教育する「プロジェクト・マネジメント」とは、「提起される課題に対して自身が持つ研究者としての問題解決能力を土台として、問題解決のための最適手法について幅広い知識を活用して考案するとともに、考案した解決手法の実施を管理・遂行することで課題解決の達成を導くこと」です。

博士前期課程で養成する人材像

(工学イノベーション・バイオイノベーション・社会イノベーションユニット)

博士前期課程では、「課題を深く考察し解決する基礎能力」と「研究課題を取り巻く総合的な状況を考察して最適な方法論を選択し解決策を構築していくプロジェクト・マネジメント力」および「地域の特性を理解し、問題や課題に取り組む能力」を持つ人材を養成します。修了者として想定している人材像は、自立した「高度な専門的職業人」として、プロジェクトの立案から目標到達までを遂行できる「事業化のための研究開発プロジェクトのマネジメントができる人材」および起業、第二創業あるいは画期的な新政策を通して「地域にゼロから1を創造できる社会起業家(ソーシャル・アントレプレナー)人材」です。

博士後期課程で養成する人材像

(地域新創造ユニット)

博士後期課程では、「課題を抽出し自らが立案する具体策に従って深く考察し解決する自立した研究者としての能力」と「研究開発成果を基にした新規事業プランの立案からその実現(事業化)までの、企画・執行・調整に関する総合的なマネジメントを行う事業化責任者に必要なプロジェクト・マネジメント能力」を持つ人材を養成することを目指し、修了者には企業の「中核人材」となることを期待しています。本課程の修了者として想定している人材像は「企業の基幹社員として研究開発成果を基に新規事業を構築する」、「ベンチャー企業の幹部社員として研究開発成果を基に事業構築する」など、「研究開発成果を基にした事業化プロジェクトのマネジメントができる人材」です。

受け入れる学生像と修了者の進路

本研究科では、産業界での活躍を希望するビジネス志向が強く博士前期課程に進学してくる学部卒業生、本研究科以外の大学院修士課程を修了後に産業界へのキャリア形成を目指して博士後期課程に進学してくる修士課程修了学生、企業で働きながら入学してくる社会人など、多様な背景を持つ学生を博士前期課程及び博士後期課程において幅広く受け入れます。また留学生についても積極的に受け入れを行います。本研究科では、これらの学生に対して産業界と本学が連携した高度教育を施すことで、「産業界で活躍できる高度な専門的職業人」として社会に送り出すことを目指します。

本研究科の修了者は、三重地域圏で活躍するばかりでなく、国内外の企業において研究開発、マーケティング、事業分析など「ビジネスと研究開発の両方を理解する人材」として幅広い分野で活躍することが期待されます。本学が地域圏大学であり、地域への貢献が重要な使命であるため、修了者には三重地域圏で活躍することを期待しますが、修了後すぐに三重県に就職することには拘らず、国内外の実践の世界で経験を積んでから三重地域圏の産業界に戻ってくる人材の流れができることが理想的です。

図:本研究科に受け入れる学生像と修了者の進路

本研究科に受け入れる学生像と修了者の進路