グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

Tri-U学内参加者及び実行委員が、駒田学長を表敬訪問しました!

2017年10月20日

今年は本学にて「Tri-U国際ジョイントセミナー&シンポジウム」が開催されます。

「Tri-U国際ジョイントセミナー&シンポジウム」は、三重大学(日本)、チェンマイ大学(タイ)、江蘇大学(中国)の3大学が交代でホストをしている国際交流を兼ねた論文発表会で、1994年に始まり今年が24年目となります。2011年度からは新たにボゴール農科大学(インドネシア)がホスト校に加わり、今年も計10大学が参加します。

今年は10月23日から27日の間、「Population, Food, Energy, Environment & Children」をテーマとして本学にて開催され、三重大学からは学生20名が研究発表に臨みます。

10月19日には、参加学生11名と学生実行委員8名が挨拶に駒田学長のもとを訪れました。

駒田学長からは「みなさんは三重大学の代表ですが、日本の代表でもあります。プレゼンもしっかり練習し、やるからには1番を目指して頑張って下さい。実行委員の皆さんも大変だと思うけれど、力を合わせて盛り上げていって欲しい。そしてたくさんの人と交流し、親睦を深めて下さい。」と激励の言葉がありました。また、それぞれが自己紹介をし、学長の言葉に応えるように「成果を発揮できるよう頑張ります」「他大学の学生と交流を深め、会の成功に向けてしっかりサポートしていきたい」など、決意を新たにしました。