グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

大塚敏美育英奨学財団 奨学生募集のお知らせ

2015年11月12日

★応募資格★
  1. 大学院の正規課程に在学し、医歯薬学及び工学(ただし工学は医学・薬学に関連の深い分野に限る)に関連する分野を研究する学業優秀な私費留学生(在留資格が「留学」の者に限る。ただし研究生は不可。)
  2. 2016年4月1日時点で満38歳以下の私費留学生
  3. 国際的視野を持ち、日本と母国の架け橋としてリーダーシップを発揮できる人
  4. 革新的な研究に携わる人
  5. 奨学期間中に研究成果が見込まれる人
  6. 学資の支弁が困難と認められる人
  7. 【医歯薬学系】在籍する研究科に関わらず、医歯薬学に関する研究をしている、博士課程(一貫制博士課程は可。修士課程、博士前期課程は不可)に在籍する留学生
  8. 【工学系】在籍する研究科に関わらず、人間医工学、生体材料工学及び生命 情報学・計算科学等、医学・薬学に関連の深い工学に関する研究をしている、博士後 期課程(一貫制博士課程は可。修士課程、博士前期課程は不可)に在籍する留学生
  9. 夜間・週末の授業のみの留学生、又は通信制の留学生は推薦対象外です。
  10. 標準修業年限内での修了が見込めない人は推薦対象外です(長期履修生やオーバードクターも不可)。採用されてから卒業延期となった場合は奨学生資格が取り消されます。
  11. 他奨学金との併願は可能です。ただし奨学生に採用された場合、併給は できません。
  12. これまで直接応募で1度でも弊財団の奨学生として採用されたことがある 人、又は過去に弊財団に応募し不合格になった人は推薦対象外です(直接応募に てご応 募ください)。推薦対象外の人が推薦された場合は不合格となります。
  13. 2015年度に貴大学からの推薦により弊財団の奨学生として採用された人で、継続推薦にふさわしいと判断される場合は、継続申請も認めます。継続申請 する 場合は、「継続申請用」の願書に記入してください。
  14. 支給開始より、奨学期間が1年以上ある人。
  15. 奨学期間中に3ヶ月以上連続して日本を離れる予定のある人は応募対象外です。
  • 願書は財団ホームページからはダウンロードできません。
  • 奨学生願書は推薦状以外、すべて応募者本人が手書きで記入してください(タ イプした願書や代筆が含まれているものは選考対象外となります)。
  • 日本語ができない留学生の場合、応募者本人が英語の手書きで奨学生願書を記 入すれば応募可能ですが、必ず日本語訳を添付してください(日本語訳 の様式 は問いませんが、英語で書かれている部分は固有名詞を含めすべて訳してくだ さい)。誤訳・大幅な訳漏れ等の日本語訳の不備は選考対象外となりますので、ご注 意ください。
  • 英語の手書きで記入する場合、「将来の抱負」「研究内容」「昨年度の成果」 のマス目は無視して記入してください。ただし、上記3項目の日本語訳 については必ず字数制限を守り、字数を明記してください。
  • 応募書類の詳細については、奨学生願書表紙の「奨学生応募書類チェックリス ト」を参照してください。
  • 応募書類は返却しません。
  • 日本語で申請書を記入した場合は日本語での面接、英語で申請書を記入した場合は英語で面接が行われますので、本人が使用可能である言語で申請書 を記入してください。
☆奨学金給付額☆

年額200万円又は150万円または年額100万円
(財団選考委員会による評価に応じて決定。他奨学金との併給不可)

★奨学期間★

以下の期間のうち財団が決定します
2015年10月期生:2015年10月~2016年9月(1年間)
2016年4月期生:2016年4月~2017年3月(1年間)

☆提出期限☆

2015年12月10日(木)12:00(厳守!!!)

★提出先★

留学生支援室

※申請書は留学生支援室にあります。
※書類不備、期限を過ぎての提出は受け付けません。