第25回Tri-U国際ジョイントセミナー&シンポジウム 事前説明会を開催しました!!

2018年05月23日

5月22日(火)12:10からメディアホールにて、「第25回Tri-U国際ジョイントセミナー&シンポジウム2018」事前説明会を開催しました。国際交流副センター長の吉松教授(生物資源学研究科)からTri-Uの概要および実施経緯について説明がありました。Tri-Uは、三重大学(日本)、チェンマイ大学(タイ)、江蘇大学(中国)、ボゴール農科大学(インドネシア)が交代でホスト校をつとめる国際交流を兼ねた学生が主体となる論文研究発表会で、毎年、アジアの10数大学から約100名が集まり、英語で研究発表を行います。「人口」「食料」「エネルギー」「環境」という従来からのテーマと共に、今大会では「持続可能社会」(Sustainable Society)が課題として設定されています。
2018年度は11月4日(日)~11月8日(木)の期間でチェンマイ大学(タイ)で開催されます。



説明会では、昨年の参加者による報告がありTri-Uで得られた経験について詳細な説明がありました。英語での論文作成・口頭発表の準備にあたり、時間と労力がかかりましたが、研究論文の書き方やプレゼンテーションの方法について基本的なノウハウを学べたことや、実際の場では、海外他大学からの参加者の発表等を聞いて多くのことを学んだというお話がありました。また、ワークショップや文化交流イベントを通じて様々な国の学生と交流できたことが大きな糧となり貴重な経験になったことをふまえ、今年の参加者に対して、英語が苦手でも是非チャレンジしてほしいというメッセージがありました。