グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

外部機関が運営しているサイト上における個人情報の漏えいについて

2022年11月22日

 令和4年10月5日(水)、外部機関から、同機関が運営しているサイト(「外部サイト」)で公表した本学関連資料(令和3年7月公表)について、個人情報に係る部分の秘匿処理について照会があり、確認した結果、十分でないまま公表していることが判明いたしました。本学においては、個人情報保護規程等に基づき個人情報の適切な管理に努めて参りましたが、このような事態を招き、関係の皆さまに多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 概要は下記の通りです。

1.閲覧可能な状態であった個人情報の内容と該当者数
・学生1名の「学籍番号」及び「氏名」
・卒業生に関する次の内容
 (1) 70名の「学籍番号」及び「氏名」(平成16~26年度入学)
 (2) 616名の「学籍番号」(平成21~28年度入学)
 (3) 36名の「氏名(姓のみ)」(平成8~30年度卒業)
・元研究生1名の「氏名」 
・平成24~令和元年度に本学各種事業にご協力いただいた学外者110名の「氏名」
・元教職員2名の「メールアドレス」
・教職員1名の「住所」及び「連絡先(電話番号及びメールアドレス)」

計837名


2.判明後の対応
 該当の資料については、外部機関において9月30日(金)付けで公表が停止されました。その後、10月18日(火)付けで該当の資料がWeb上から削除されたこと、11月9日(水)までにキャッシュデータを含む本件個人情報がWeb上から削除されたことを本学において確認しております。
 また、個人情報が漏えいした可能性があり連絡先がわかる方には、個別に連絡等をさせていただいております。
 なお、これまでに本件の個人情報が不正に使用された事実は確認されておりません。


3.漏えいの原因
 本学において、外部機関に資料を提出する際の確認が不十分であったため、一部、個人情報に係る部分の秘匿がされていなかったほか、秘匿した箇所についても、当該データを加工することによって閲覧可能な状態になっていました。


4.本学からのコメント
 本学では、教職員に対し研修会を通じ、個人情報保護の適切な管理に取り組んで参りましたが、このような事態を招いたことを深く反省し、本事象を教訓に今後の個人情報保護と情報セキュリティに関する教育研修を一層強化の上、計画的・継続的に実施し、個人情報保護の重要性を周知徹底するとともに、再発防止に努めて参ります。


(本件問合せ先)
国立大学法人三重大学企画総務部総務チーム
TEL:059-231-9008
E-mail:somusomu@ab.mie-u.ac.jp

最新の記事