グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

三重大学への爆破予告に伴う構内施設等への入構制限および附属学校園の臨時休校・休園の措置について

2021年05月26日

三重大学への爆破予告に伴う構内施設等への入構制限および附属学校園の臨時休校・休園の措置について


 本学に対して、「5月27日正午に貴学を爆破する」という内容のメールの送付がありました。また、同様の爆破予告が、各地の複数の大学にも送られているようです。
 この爆破予告に対し、本学は安全を最優先として、警察と連携を密にとりながら、以下の措置を行うこととしました。

・ 警察に大学施設周辺を含めたパトロールを依頼したほか、学内に常駐する警備員の巡回を増やすなど警備体制を強化しています。
・ 本学構内(施設等を含む)については、5月27日(木)の入構を全面禁止としますが、同日正午を経過後、安全が確認され、入構が可能となりましたら、その旨を大学ホームページでお知らせします。
・ 5月27日(木)の全ての授業を休講とします。ただし、臨床実習については、通常通り行います。
・ 医学部附属病院においては、十分な警戒対策や配慮を行った上で、終日、通常診療を行います。
・ 教育学部附属学校園については、臨時休校・休園とします。
 

 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、安全確保の措置として、ご理解ご協力をいただきますようお願いいたします。

最新の記事