グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

国土交通省中部地方整備局にICT出前授業をしていただきました

2022年10月24日

教育学部 技術・ものづくり教育コースでは、中学校技術・家庭科技術分野や高等学校情報における計測・制御の基本について指導するための専門知識を獲得する授業を行っています。
10月17日、「計測・制御」(担当教員:松岡守特任教授)の授業では、国土交通省中部地方整備局及び関係企業の方をゲストティーチャーとしてお招きし、地上型レーザースキャナーに関する講義及びデモンストレーションを行っていただきました。
これは将来中学校技術科等の教員を目指す学生に最新の計測技術がいかに利用されているかの現場の実際を知る機会を提供することを目的としたものです。
最新のICT技術を取り入れてのi-Constructionの取組みで建設現場の効率を全体的に2割向上を目指すというお話に学生は熱心に聞き入っていました。
写真左側にあるのが地上型レーザースキャナー。
授業風景をレーザースキャンして3次元画像をその場で生成、見せていただきました。

レーザースキャナ出前授業の様子

最新の記事