グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

令和4年度「研究成果公開シンポジウム」を開催しました

2022年06月16日

6月11日(土)、三重大学三翠ホール 小ホールにおいて、適切な感染防止対策を講じた上で「研究成果公開シンポジウム」を開催し、84名が参加しました。

最初に酒井俊典 三重県・三重大学 みえ防災・減災センター副センター長から開会の挨拶がありました。

酒井俊典 三重県・三重大学 みえ防災・減災センター副センター長


人材育成・活用分野からは、令和3年度みえ防災塾応用コース さきもり応用コース修了生のさきもり特別研究の成果として、【「尊い命」を救う「津波率先避難者」の養成に関する研究「演劇の発信力」を取り入れた「夢、天国からのメッセージ」防災教育映像の制作と効果】、【消防団を中核とした地区防災力の向上~組織の連携を促す「橋北タイムライン」の提案~】、【災害と共存するライフプラン~人生100年時代の住環境~】について発表しました。

講演の様子講演の様子

講演の様子


活動紹介として、みえ防災コーディネーター認定者によるみえ防災コーディネーター連絡会と修了生による三重さきもり倶楽部の各会長からそれぞれ紹介がありました。

活動紹介の様子活動紹介の様子


調査・研究分野からは、南海トラフ地震に関する研究「既存RC建物の耐津波性能評価方法に関する研究」、風水害に関する調査研究「避難判断基準となる情報収集や被害防止等に関する研究(略記)」、防災・減災一般に関する調査研究「災害時における避難行動支援者(とくに在留外国人)に関する地域防災上の課題と有効な対応策に関する研究」について報告発表しました。

報告発表の様子報告発表の様子

報告発表の様子


最後に、みえ防災・減災センター酒井俊典副センター長が閉会の挨拶を行い終了しました。

酒井俊典副センター長

最新の記事