グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

教育学部英語教育講座中川右也准教授が小学校英語教育学会より、学会賞を授与されました

2021年10月13日

「小学校児童のスピーキング力向上とコミュニケーションをしようとする意思の育成を目指したビデオ通話の実践」(大阪教育大学の小林翔氏、つくば市教育局の古屋雄一朗氏との共著論文)が、小学校英語教育学会賞を共同受賞しました。

授賞式は10月9日(土)にオンラインで行われました。小学校英語教育学会賞は、日本の小学校英語教育の発展に貴重な示唆を与えた論文に与えられる賞です。受賞論文の内容は、公立小学校を対象に、アジア、ヨーロッパ、オセアニアなど多様な言語・文化的背景を持つ国々の児童・生徒たちとのビデオ通話による活動を通して、主体的に外国語でコミュニケーションを図る態度を育成しながらスピーキング力向上も目指す方法の提案であり、質的・量的データを基にその効果も検証したものです。
学会賞選考委員会の大城賢委員長(琉球大学)は、①実践の手順が分かりやすく分析方法も妥当である②学校の状況に応じて様々な応用が可能である③学びへの強い動機づけとなることを示す良い実践例である④プロジェクト学習の重要性やICTを効果的に使用する今後の教育の在り方への示唆を与える取り組みである⑤大学の教員と現場教員が協力してプロジェクトを計画し、互いの長所を活かしながら研究を遂行する好例であることを授賞理由であるとしています。

中川右也准教授

最新の記事