グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

地域貢献サークルMeikuが「第1回学生地域づくり交流大賞」最終審査会で優秀賞を受賞

2020年12月08日

11月27日(金)、「第1回学生地域づくり交流大賞」最終審査会(主催:全国農協観光協会、後援:内閣府地方創生推進事務局)が開催されました。全国の19の大学・団体から活動事例の応募があり、三重大学地域貢献サークルMeikuの行っている「上ノ村縁結びプロジェクト」が優秀賞を獲得しました。

地域貢献サークルMeikuは、2014年から三重県津市白山町にある上ノ村という集落で「縁結び」をテーマに、遊休農地の活用として稲作や畑、獣害対策や地域との交流など、大学で学んだことや特技、興味のあることを活かして学生が自主的に活動しています。

最終審査会では、活動が7年目を迎えるという特徴から長続きしている理由や、普段の活動を通して、上ノ村への移住者や就農希望者が学生から出ているという点を中心に発表をしました。


受賞者コメント

今回このような賞をいただけて大変うれしく思っています。メンバーや地域の方はもちろん、今まで私たちに関わってきてくれたすべての人に感謝申し上げます。

コロナ禍で活動に制約はありますが、地域の方と協力してこれからも新しいことに挑戦していきたいと思っています。春には炭窯を作る計画が立っており、今はその準備をしています。また、今回の応募のように私たちの活動を知ってもらう活動もこれからは積極的に行っていきたいと思っています。

地域貢献サークルMeikuではメンバーを募集しています。興味を持った方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください!

Twitter→@kaminomuraKKP   

 

 田植えの様子

↑田植えは新入生や地域の子供たちも誘って行っている

最終審査会(オンライン)の様子

↑最終審査会は東京での開催だったが、地域の方とのふれあいが多い活動のため、大事を取ってオンラインでの参加を選択

盆踊りの準備をする様子
↑地域の子供たちと盆踊りの準備をする様子
飼育しているヤギ
↑ヤギの飼育もおこなっている

     

最新の記事