グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

「令和2年度三重大学知的財産法に関する研修会」が開催されました

2020年11月30日

11月26日(木)、地域イノベーションホールにて、本学におけるコンプライアンスの推進に関する積極的な取り組みを図るための一環として、令和2年度三重大学コンプライアンス研修会「三重大学知的財産法に関する研修会」を開催し、58名(学外関係者2名を含む)が参加しました。

大阪大学大学院高等司法研究科教授 茶園成樹氏

大阪大学大学院高等司法研究科教授 茶園成樹氏


大阪大学大学院高等司法研究科教授・大阪大学知的基盤総合センター長 茶園成樹氏を講師に迎え、前半に基本的な内容として、知的財産法とは何か、知的財産法を保護する理由、知的財産法の概要、著作権法の概要及び著作権侵害と研究不正に関する講演があり、続いて後半には、専門的な内容として、特許法の概要及び大学における知的財産について、具体事例を踏まえた講演が行われました。最後に質疑応答では、共同研究における著作権について等の質問があり、受講者は知的財産法への理解を深めました。

楠井理事による挨拶
楠井理事による挨拶
研修会の様子
研修会の様子

最新の記事