グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

「経営学総論」で井村屋グループ株式会社の浅田剛夫会長による講演が行われました

2020年01月27日

1月21日(火)、青木雅生 人文学部教授の講義「経営学総論」において、井村屋グループ株式会社の浅田剛夫会長を講師としてお迎えし、三重大学人文学部 三重の文化と社会研究センター主催の講義が行われました。
はじめに三重の文化と社会研究センター長 安食和宏 人文学部長から開催の挨拶がありました。

経営学総論経営学総論


続いて、浅田会長から「井村屋の独創性と挑戦 ~強くて、しなやかなサスティナビリティ経営~」について約1時間半にわたる講演がありました。
講演では、「井村屋グループ株式会社の歴史や企業経営に関する考え方、特色を活かし作られたスポーツ羊羹」についてお話がありました。また後半では「SDGs・ESGの取り組み」についてもお話して頂きました。

経営学総論経営学総論


最後に質疑応答が行われ、学生の質問に「海外進出の際の苦労については、宗教による戒律 ダメなものを新しい概念でどのように越えていくか。ビジネス用語としての英語力が大切」と説明されました。

経営学総論



最新の記事