グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

第6回社長セミナーを開催

2016年10月31日

10月19日(水)環境・情報科学館1Fホールにて,橋本電子工業株式会社の橋本正敏代表取締役社長をお迎えして社長セミナーを開催しました。

20161019_semina1_R_R 20161019_semina2_R_R

ご講演では、会社概要及び事業内容の紹介のほか、三重大学との共同研究で開発した世界初の「全自動多機能リポソーム製造装置」や世界最速の「タンパク質自動生産システム」など、大学との共同研究や国からの支援を受けて開発した先端的な装置のご紹介をいただきました。

また、今後の方向性として、「ニッチオンリーワンの商品を開発し、全世界に販売する」といったことや、「企業活動を通して地域社会の発展に寄与する」といった企業理念についてもお話しをいただくとともに、日本は天然資源が少ない国なので、世界と渡り合うためにも、ものづくりを好きになってほしいとのお話しをいただきました。

20161019_semina3_R_R

ご講演に続いて質問会が開催され、参加者からの質問に対して、江戸時代、東京日本橋にて越後屋(今の三越)を創業し、三井グループ(旧三井財閥)の基礎を作った三井高利の考案した商法をモデルに、松阪から世界に向けて進出することや、企画から設計・製作・販売まで行う会社なので、理系だけでなく、文系学生にも活躍の場はあるといった話をしていただき質問者だけでなく参加者全員が熱心に耳を傾けていました。

橋本社長、有意義なお話をいただきありがとうございました。

○ご講演資料はこちらからご覧いただけます。

次回も皆様のご参加をお待ちしています。



最新の記事