グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

台湾からの訪問団による三重大学のスマートキャンパス実証事業の視察が行われました

2015年12月17日

12月11日(金)、台湾からの訪問団による三重大学のスマートキャンパス実証事業の視察が行われました。

財団法人中華経済研究院、台北医学大学、国立交通大学、財団法人国家衛生研究院、国立成功大学、国立台湾科技大学、台北駐日経済文化代表所、科学技術部から、14名の研究者・職員等が訪れました。

前半のミーティングでは、地域イノベーション研究開発拠点において、本学鶴岡信治理事(研究・国際交流担当)より三重大学の紹介とともに、施設部施設管理チームの山下慎二チーム員から「スマートキャンパス実証事業」説明がありました。説明後の質疑応答では、専門的な質問が飛び交う等、大変活気のある時間となりました。

後半は、スマートキャンパス実証事業に関する設備として、大型風車・ガスコージェネレーション設備・エネルギーセンター(エネルギーマネジメントシステム)の見学を行いました。


最新の記事