グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

パリで「忍者文化研究プロジェクト レクチャー・デモンストレーション2015」を開催しました

2015年07月06日

7月3日、4日の両日、フランスのパリ日本文化会館において、国際交流基金との共催で「忍者文化研究プロジェクト レクチャー・デモンストレーション2015」を開催しました。

20150704_ninjyainparis (4)

3日は、シンポジウム「情報と諜報-古代・中世の日欧比較-」を開催し、竹内佐和子パリ日本文化会館館長による開会挨拶の後、人文学部の山田雄司教授による「日本中世における忍びの活動」"Activités du shinobi aux époques médiévales du Japon"、Patrice Brunパリ第一大学教授による「ヨーロッパ古代国家の創出過程における情報と諜報活動の重要性」 "L'importance de l'information et du renseignement dans le processus d'émergence de l'Etat archaïque en Europe"、Anne Nissenパリ第一大学教授による「ヨーロッパ中世初期における味方と敵方のスパイ 比較と疑問の交差によるアプローチ」"Amis, ennemis et espions dans le haut Moyen Âge européen. Approches comparatives et interrogations croisées"と題した発表があり、その後、人文学部の吉丸雄哉准教授の司会のもと討論が行われ、洋の東西における諜報活動の重要性が議論されました。そして、駒田美弘三重大学長からの閉会挨拶では、今後のますますの交流を期待する旨の言葉がありました。

20150704_ninjyainparis (1) 20150704_ninjyainparis (2)

4日は、鈴木英敬三重県知事による挨拶の後、吉丸准教授による「忍びから忍者へ」" De « Shinobi » à « Ninja »"という講演があり、川上仁一社会連携特任教授および伊賀流忍者集団黒党による講演・実演が行われました。実際に間近で見る忍者の動きに、ときにはどよめきが起こり、会場を埋め尽くす300人におよぶ来場者の皆さんは真剣に見入っていました。竹内佐和子館長による閉会挨拶の後も、質問や写真撮影を希望する参加者の列が長く続き、フランスにおける忍者の人気の高さがうかがえました。また、両日の通訳は外国人研究者として本学で忍者研究を行っているGuillaume LEMAGNEN氏が担当しました。

20150704_ninjyainparis (3) 20150704_ninjyainparis (5)

最新の記事