グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

大阪・泉陽高校、愛知・知立東高校による大学見学が行なわれました

2014年07月18日

7月10日(木)・11日(金)、県外より標記高等学校2校が大学見学に訪れました。

10日は大阪府立泉陽高等学校から学生10名が訪れ、生物資源学部大講義室でグループワークを含めた大学体験授業が行なわれました。生物資源学部の森尾吉成准教授が講師となり、学生たちは森尾准教授の指導のもと、3つのグループに分かれて学内の見学を行いました。

20140710_大学見学(大阪:泉陽高校) (76)_R 20140710_大学見学(大阪:泉陽高校) (15)_R
森尾准教授による体験授業

各グループには生物資源学部の先輩学生が付き添い、先輩からの説明を受けながら各研究室や学内施設を回りました。学内見学が終わると、グループ毎に「見学した内容」及び「見学によって自分の中で変わったこと」についてまとめ、それぞれパワーポイントを使ったプレゼンテーションを行いました。

20140710_大学見学(大阪:泉陽高校) (35)_R 20140710_大学見学(大阪:泉陽高校) (63)_R
先輩学生との施設見学とプレゼンテーションの様子

学生たちは森尾准教授からのアドバイスを受けつつ、慣れないプレゼンテーションに苦戦しながらも一所懸命に発表を行ないました。 発表では「大学はレポート三昧のイメージだったが、先輩学生が楽しそうにしておりイメージが変わった」「自分のやりたいことができそう。こんな大学で学んでみたい」などの声がありました。

翌11日には愛知県立知立東高等学校より学生92名が訪れました。学生たちはまず総合研究棟Ⅱメディアホールで飯田和生学長補佐(入試担当)より三重大学の概要についての説明を受けました。飯田学長補佐からは、本学の特徴についてや大学ランキングでの位置づけについて、また、最近の入試動向についてなど、様々な話がありました。

20140711_大学見学(知立高校) (8)_R 20140711_大学見学(知立高校) (14)_R
飯田学長補佐による大学概要についての説明

その後、学食で昼食をとり、午後からは文系と理系に分かれ、文系学生は環境情報科学館・附属図書館等の施設見学へ、理系学生は工学部大講義室での模擬講義へ足を運びました。

20140711_大学見学(知立高校) (35)_R 20140711_大学見学(知立高校) (54)_R
施設見学と工学部での模擬講義の様子

学生のみなさん、初めて体験する三重大学はいかがでしたか?
僅かな時間でしたが、三重大学の良さが少しでも伝われば何よりです。

最新の記事