グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

「第3回学生と共通教育を語る会」が開催されました

2012年12月26日

12月19日(水)、改修工事が完了してきれいになったばかりの共通教育校舎3号館で、「第3回学生と共通教育を語る会」が開催され、学部学生、大学院生及び教職員の総勢約60人が熱く語り会いました。

今回は、一定の時間ごとにグループのメンバーを入れ替える「ワールドカフェ」方式を取り入れ、「大学生の理想と現実」及び「こんな授業あったらいいな」をテーマに、用意された模造紙にコメントを書き込んでまとめ、グループごとに皆の前で発表しました。

始めは緊張した空気も感じられましたが、学生と教職員が直接語り会う中で場が除々に盛り上がり、会場は熱気にあふれて、4時間があっという間に過ぎて行きました。

三重大学をもっと良くしたいという思いは共通であることを再確認できた、とても貴重な場となりました。

「語る会」のようすは、共通教育校舎1号館1階廊下に掲示される予定です。


学生、教員、職員で熱心な議論                     議論の結果を発表


山本共通教育センター長の熱いトーク                  田中教育担当理事も議論に参加していただきました。

次回も多くの学生さんの参加を期待しています!

 



最新の記事