グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

日本学術会議中部地区会議学術講演会 三重の海の多様性から拡がる学術研究

2022年11月04日

【イベント情報】
日本学術会議中部地区会議学術講演会
三重の海の多様性から拡がる学術研究

海に囲まれた海洋国日本のなかでも、古くから海との関わりが深い三重。穏やかな内海の伊勢湾、リアス式海岸の志摩半島、そして黒潮の影響を強く受ける熊野灘と続く海岸線は、多種多様な海洋資源に恵まれています。三重大学では、この豊かな三重の海をフィールドにした様々な研究を行ってきました。本講演会では、志摩漁村の海藻漁の展開がもたらした近代東アジアの海藻流通構造の転換に関する研究、そして、異なる海洋環境をもつ2つの海に生息する鯨類の生態研究について紹介します。

日 時:令和4年12月9日(金)13:00~16:00
場 所:オンライン開催
参加費:無料 どなたでも参加できます

日本学術会議HP(三重大学外部のHPです)
https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/330-s-1209.html

【お問い合わせ】
◎日本学術会議中部地区会議事務局
 TEL:052-789-2039 FAX:052-789-2041
◎三重大学研究・地域連携部研究推進チーム
 TEL:059-231-9704 FAX:059-231-9705

詳しくはチラシをご覧ください。

三重の海の多様性から拡がる学術研究 チラシ

最新の記事

開催(予定)日