グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

公開シンポジウム『気象学の最新知見を活かした地域との協働』開催のお知らせ

2021年11月29日

【イベント情報】
気象学会2021秋季大会 シンポジウム
気象学の最新知見を活かした地域との協働 ~地球温暖化時代の持続可能な社会への転換を目指して~

日 時:2021年12月7日(火)15:45~17:45
場 所:三重大学 三翠ホール(オンライン同時配信)
参加費:無料(事前登録が必要です)

プログラム:
1.シンポジウムの趣旨 立花義裕(三重大学)
2.近年の我が国の異常気象
  顕著事例の実態・メカニズムと地球温暖化との関連 中村尚(東京大学)
3.地球温暖化で変わる大雨と大雪 川瀬宏明(気象庁気象研究所)
4.防災情報の効果的な発信 ~テレビの役割,多様化するメディアの中で~ 多森成子(気象キャスター)
5.三重県の地球温暖化対策と防災・減災の取組 一見勝之(三重県知事)
6.パネルディスカッション
  パネリスト:中村尚,川瀬宏明,多森成子,一見勝之
  コーディネーター:立花義裕

公開シンポジウム詳細サイトはこちら(大学外HPです)
シンポ参加申込サイトはこちら(大学外HPです)

詳細はこちらのHPチラシをご覧ください。

公開シンポジウムのチラシ

最新の記事

開催(予定)日