グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

公開講座「臨海実習教室-沿岸生物の多様性」 開催のお知らせ

2014年06月16日

(※定員に達したため、受付を終了いたしました) 

生物資源学研究科の附属施設水産実験所において、標記公開講座を開催いたします。

『海は地球の表面の3分の2を占め、その中では、肉眼では見えない大きさのプランクトンから、クラゲ、貝類、エビ類、カニ類、魚類、巨大なクジラまでさまざまな生物が生きています。特に水深が浅く、また陸からの栄養が供給される沿岸域では生物の種数がきわめて多いことが知られています』

本講座では次世代を担う高校生を対象に、三重県志摩市志摩町の英虞湾にある水産実験所に宿泊して、沿岸域に生息する生物の採集や観察をとおして、海洋生物の多様性を体感し、海洋生物のみならず、さまざまな生物および生物学に対する興味を深める契機にしたいと考えています。具体的な内容として、磯の生物採集と観察、プランクトンの採集と観察、定置網漁獲物の見学および観察を予定しています。  

日時: 平成26年7月30日(水)~7月31日(木) 1泊2日
場所: 三重大学大学院生物資源学研究科
          附属紀伊・黒潮生命地域フィールドサイエンスセンター
          附帯施設水産実験所 志摩市志摩町和具4190-172
電話: 0599-85-4604
対象: 高校生
定員: 20名(※定員に達したため、受付を終了いたしました) 
参加費: 4,600円(食費等・クリーニング料・傷害保険料)

申込方法、詳細についてはこちらの[募集要項]をご確認ください。

H260730KKozaSuisanPoster.jpg

最新の記事

開催(予定)日