グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

環境

 三重大学は、大学基本理念のもと、地域に貢献する総合力とチーム力を高めて「つながる知、ひらく未来、地域共創大学」への発展に努めます。すべての構成員がSDGs(持続可能な開発目標)の趣旨を理解し、環境先進大学としての取り組みをさらに強化し、環境・SDGsのプラットフォーム機能を築き上げ、カーボン・ニュートラル社会の形成などに向けた環境の諸課題を地域と共に探究し、新しいコミュニティづくりの一翼を担う地域共創大学として、持続可能な社会の構築に寄与します。そのために、SDGsの17のゴールの達成に資する環境マネジメントシステムを確立、実施、維持し、向上に努め、環境関連法令等の要求事項を遵守することにより、自らの教育・研究・社会貢献及び業務運営の能力を活かし、さらに発展的な環境・SDGsの取り組みを進めていきます。

 環境・SDGsの取り組みを進める国際環境教育研究センター公式HPはこちら

リ カレント
MIEUPT
ス マートキャンパス
ISO

三重大学の社会的責任(USR)とSDGs

「三重大学環境・SDGs報告書2022」は、本学の環境・SDGs方針に基づく、教育・研究・社会貢献・業務運営の取り組みの充実を図り、また、三重県および国内外のステークホルダーとのパートナーシップによる成果をまとめ、積極的に公表することで、持続可能なカーボンニュートラル社会(CN)創生のトップランナーとしての本学の社会的責任(USR)を果たすことを考え、作成しました。

「三重大学環境・SDGs報告書2022」は、表紙、学長メッセージ、環境・SDGs方針、9つの章で構成されています。表紙のデザインは、本学と周辺の航空写真を背景とし、SDGsの17の目標と169のターゲットが一丸となって、本学から三重県、日本、アジア、世界へ広がる環境・SDGsのトップランナーとしての三重大学をアピールしています。

「三重大学環境・SDGs報告書2022」は、次の5つの特徴からなります。
<特徴1> 本学の教育・研究・社会貢献・業務運営の充実したコンテンツ
<特徴2> 本学の教職員・学生・留学生・附属教育機関・三重県および国内外のステークホルダーとの連携による環境・SDGs活動
<特徴3> テーマおよび内容毎にSDGsの17の目標の表記
<特徴4> Web版および概要版、動画による学内外、国内外への積極的な広報
<特徴5> 次世代を担う環境・SDGs人材育成のための教材化

「三重大学環境・SDGs報告書2022」のWeb版および概要版(一部英文併記)、動画に是非とも目を通していただき、忌憚のないご意見をいただきますよう、お願い申し上げます。

環境・SDGs報告書2022「環境・SDGs報告書」はこちら

令和4年9月
理事(企画・経営担当)副学長
国際環境教育研究センター(MieGECER)
センター長
尾西 康充

特命副学長(環境・SDGs担当)
国際環境教育研究センター(MieGECER)
副センター長
朴 恵淑

【 問い合わせ先 】
国際環境教育研究センター施設部施設環境チーム
TEL 059-231-9823
FAX 059-231-9859
E-mail contact@gecer.mie-u.ac.jp