グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

生物資源学部・生物資源学研究科

生物資源学部

入学者受入れの方針
(アドミッション・ポリシー)

生物資源学部は、地域に根ざした視点に立ちながらも国際的な視野をもち、自然との共存を図りつつ生物資源の適正な開発・利用と保全を追求するための科学技術に関する教育・研究成果を生み出すことを目指しています。そのために、自然科学分野の基礎知識だけでなく農林水産学、環境科学、生命科学の各分野における専門知識を身に付けることにより、独創性と広い視野を持ち、地域社会だけでなく国際社会にも貢献できる人材の育成を目標にしています。

―このような人を求めます―
1.高等学校の教育課程において履修する内容を十分に理解し、高校卒業レベルの知識を有する人
2.農林水産学を対象とした専門高校において専門科目を深く学び、優れた成績を修めた人
3.入学後の就学に必要な基礎学力としての知識ならびに理解能力を有している人
4.生命科学や農林水産学に関わる様々な現象に関心を持ち、生物資源の適正な開発・利用と保全に関心のある人
5.自然と人が共生する持続的社会の創出を目指し、社会貢献に対する明確な目的意識を有する人

本学部では上記の資質を備えた学生を選抜するために、以下の入学試験を実施します。

―入学者選抜方針―
1)一般選抜前期日程
生物資源の適正な開発・利用と保全を学ぶために必要とされる幅広い基礎学力と語学力に加え、理数系の能力を見るために、大学入学共通テスト(5教科7科目)と個別学力検査(数学と理科)により選抜します。

2)一般選抜後期日程
生物資源の適正な開発・利用と保全を学ぶために必要とされる幅広い基礎学力と英語力に加え,理数系の能力を見るために,大学入学共通テスト(5教科7科目)と個別学力検査(数学又は理科)を課すほか,大学入学後の学修への関心・意欲等を総合的に判断するため,ペーパーインタビュー(面接に代わる筆記試験)を実施し選抜します。

3)学校推薦型選抜(大学入学共通テストを課さない)【推薦Ⅰ】
農業、水産、工業に関する学科又は総合学科で学んだ者のうち、高等学校長若しくは中等教育学校長が責任をもって推薦する者を対象とします。自然科学への関心が高く、生物資源学部、特に志望する教育コースで学ぶために必要な基礎知識と理解力を持ち、生物資源に関する問題の解決能力を自ら進んで身につける意欲のある学生を求めるため、小論文、面接及び出願書類により選抜します。

4)学校推薦型選抜(大学入学共通テストを課す)【推薦Ⅱ】
普通科又はそれに準ずる学科で学んだ者のうち、高等学校長若しくは中等教育学校長が責任をもって推薦する者を対象とします。自然科学への関心が高く、生物資源学部で学ぶために必要な基礎知識と理解力を持ち、生物資源に関する問題の解決能力を自ら進んで身につける意欲のある学生を求めるため、大学入学共通テスト、面接及び出願書類により選抜します。

5)帰国生徒特別選抜
生物資源の適正な開発・利用と保全に関心を持ち、海外在住の経験を生かして国際的に通用する専門知識を有し、コミュニケーション能力、基礎的な知識・理解力がある学生を求めるために、総合問題(英語、数学、小論文の総合問題)、面接及び出願書類の結果を総合して選抜します。

6)社会人特別選抜
生物資源の適正な開発・利用と保全に関心を持ち、社会人としての経験と識見を生かして積極的に学ぶ意欲を有し、コミュニケーション能力、基礎的な知識・理解力がある学生を求めるために、総合問題(英語、数学、小論文の総合問題)、面接及び出願書類の結果を総合して選抜します。

7)私費外国人留学生特別選抜
生物資源の適正な開発・利用と保全に関心を持ち、国際的に通用する基礎能力を積極的に身につける意欲があり、コミュニケーション能力、基礎的な知識・理解力がある学生を求めるために、面接及び出願書類の結果を総合して選抜します。

8)3年次編入学試験
一年次からの入学者とは異なる経験を生かして積極的に学ぶ意欲があり,コミュニケーション能力,基礎的な知識・理解力がある学生を,英語,専門科目,面接及び出願書類の結果を総合して選抜します。

学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)
生物資源学部は、地域に根ざしたグローバルな視点に立ち、自然との共存を図り、生物資源の適正な開発・利用と保全を追求するための基礎的・応用的な科学技術に関する教育・研究成果を生み出すことを目指しています。幅広い講義や実験・実習を通し、独創性と専門性を兼ね備え、自らの力で問題解決ができる知識と能力を身につけた人材の育成を目標に掲げ、以下の能力を総合的に備えている人に学位を授与します。

(1) 幅広い教養と倫理観、国際感覚を身につけ、豊かな人間性を有している。
(2) 生命、環境、食料、健康等に関する生物資源学の基本的な知識と技術、経験を有している。
(3) 科学的で論理的な思考を展開することができ、計画的に問題の解決に取り組むことができる。
(4) 豊かなコミュニケーション能力を持ち、他者と協力して行動することができる。
(5) 社会の変化に柔軟かつ自律的に対応し、発展的に生きていくことができる。
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)

<教育内容>
 生物資源学部は、地域に根ざしたグローバルな視点に立ち、自然との共存を図り、生物資源の適正な開発・利用と保全を追求するための基礎的・応用的な科学技術に関する教育・研究成果を生み出すことを目指した教育を行います。そのために、以下の4つの学科を設け、それぞれの教育目標を掲げています。
資源循環学科
 資源循環学科では、持続的な社会の基盤としての生物資源を環境に配慮した方法で循環的に利用するための、技術の開発や新しい社会のデザインをすることができる人材を育成することにより、調和のとれた循環型社会の構築に貢献することを目指しています。
共生環境学科
 共生環境学科では、多様な生態系でなりたつ地球生命圏の環境、陸圏、海洋圏、大気圏が連動する複雑な地球生態システムを現場レベルで理解し、数理的に紐解くことで、人類、生物と自然環境が共生できる生物生産システムと持続可能な社会の実現を目指しています。
生物圏生命化学科
 生物圏生命化学科では、多様な生物の代謝・物質・機能を解析することを通して生命化学の分野における幅広い知識と応用力を有する人材を育成することにより、人類の健康増進及び農林水産業の発展に貢献することを目指しています。
海洋生物資源学科
 海洋生物資源学科では、海洋環境や海洋生物資源を取り巻く様々な問題に対して多面的な視野からの解決能力を有する人材を育成し、豊かな社会の実現に貢献することを目指しています。
以上の教育目標を達成するために、幅広い教養、国際理解の素養を身につける教養教育科目と、生命、環境、食料、健康等に関する生物資源学の基礎的な専門知識と科学技術を身につけるための専門教育科目が体系的、段階的に編成されています。

<教育方法>
 生物資源学部は、学士としての基盤能力と専門能力を総合的に備えている人材を養成するため、以下の方針に基づいたカリキュラムを編成し、実施します。
(1) 幅広い教養、国際理解の素養を身につけるために、外国語科目、人文社会科目、これに加えて初年次教育では自ら調査し他者と議論しながら意見を構築する科目を教養教育科目に用意している。豊かな人間性を育むため、倫理及び健康に関する科目も開設する。
(2) 生命、環境、食料、健康等に関する生物資源学の基礎知識と技術を身につけるため、理系基礎と専門教育に関する講義及びそれらを総合的に学ぶ実験・実習・演習を開設する。
(3) 科学的・論理的な思考を展開することや、計画的に問題解決に取り組む姿勢を養うため、フィールドを活用する実験・実習や卒業研究を課す。
(4) コミュニケーション能力を高め、他者と協力してプロジェクトを推し進める能力を身につけるため、研究セミナー、卒業研究を課し、得られた成果を発表・討論する機会を設ける。
(5) 社会の変化に柔軟に対応し、自律的・発展的に行動することができるように、総合的な演習科目、学生参加型の講義やセミナー、PBL型講義、アクティブラーニング、インターンシップへの参加などを通して、知識と経験の融合を目指します。

<学習成果の評価>
 講義の成績は、定期試験・小テスト・レポートの成績などを組み合わせて評価します。発表型・協働型演習では、情報収集から問題解決及びプレゼンテーションまでの実践的な能力を多面的に評価します。実験・実習科目では、課題レポートや実験レポートなどを通じて、課題を科学的に思考し、その思考過程を論理的に表現できる能力を評価します。卒業研究は、課題設定、データの取得、適切な既往知見を引用した考察から結論に至る一連の課程とそれらを科学的で論理的な文章に構成する能力に対する評価に加え、発表会におけるプレゼンテーションや教員及び学生からの質疑応答に基づくコミュニケーション能力や問題解決能力を複数教員で評価します。

このページの先頭へ

生物資源学研究科 博士前期課程

入学者受入れの方針
(アドミッション・ポリシー)

生物資源研究科が掲げる基本理念および教育目的に示す人材を養成するため、その基礎となる以下の素養を備えている人を受け入れます。
(1) 生物資源の適正な開発・利用と環境保全に深い関心と意欲のある人。
(2) 自然科学に深い興味を持ち、生物資源に関する専門的な知識と学力のある人。
(3) 生物資源とその環境に関する問題を解決ための能力を自ら研鑽し、修養できる人。
(4) 国際的に通用する語学能力、コミュニケーション力を身につけることのできる人。

上記の素養のある学生を選抜するため、以下の入学試験を実施します。
1) 一般選抜
 専門科目(筆記)で上記(2)を、外国語(英語)で上記(4)を、面接で上記(1)、(3)を評価し、選抜します。

2) 社会人特別選抜
 小論文で上記(1)、(2)を、面接で上記すべてを評価し、選抜します。

3) 外国人留学生特別選抜
 外国語(日本語又は英語)で上記(4)を、面接で上記すべてを評価し、選抜します。

学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)

生物資源の循環,生物資源の持続的生産,生物をとりまく環境の保全と修復,ならびに人類と資源生物との共生に関する教育研究活動を通じて,人類の生存と活動に基盤を与え,自然環境に配慮した生物資源の開発,保全,利用に貢献できる豊かな学識と洞察力を有する専門技術者ならびに研究者としての基礎的能力を備えた人材の育成を目標に掲げ,各専攻で定めた所定の単位を修得した上で,以下の能力を備えている人に学位を授与します。

(1) 幅広い教養と倫理観,国際感覚を身につけている。
(2) 自然環境に配慮した生物資源の開発,保全,利用に貢献できる生物資源学の専門的な知識と技術,経験を有している。
(3) 科学的で論理的な思考を展開することができ,計画的に問題の解決に取り組むことができる。
(4) 他者と協力して問題解決に取り組むために十分なプレゼンテーション能力,コミュニケーション能力を身につけている。

教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)

ディプロマ・ポリシーで示した生物資源学に関連した能力を涵養するため,研究科博士前期課程に,資源循環学専攻,共生環境学専攻,生物圏生命科学専攻を置きます。
[資源循環学専攻]持続的な社会の基盤としての生物資源を環境に配慮した方法で循環的に利用するための,技術の開発や新しい社会のデザインをすることができる人材を育成することにより,調和のとれた循環型社会の構築に貢献することを目指します。このため,生物の生命の仕組み,それらの生物を取り巻く環境,生物多様性についての学問を通して,生物資源の持続的利用に関する教育・研究を実施します。
[共生環境学専攻]多様な生態系からなる地球生命圏の環境を理解し,保全・修復しつつ,人間活動と生態系が調和する持続的な生物生産システムの構築を目指します。このため,陸圏・海洋圏・大気圏が複雑に連動する地球生態システムを対象に,地域から地球そのものというようなマルチスケールをカバーする気象学・環境科学・生態科学などの基礎科学と,それらと社会システムが共存し持続的な発展をはかるための環境工学や農業工学などの応用学問に根ざした教育・研究を行います。
[生物圏生命科学専攻]生命科学全般に関する基礎的学理及び海洋の資源生物の育成・保全・管理に関わる学問を構築し,実践的教育を通じてそれを学生に修得させることを目指します。このため,個々の学生が資源生物の生命現象に関する基礎理論を生態系,群集,個体群,個体,器官,細胞,分子レベルで理解するとともに,生物科学の研究に 必要な研究技法を修得するための教育・研究を行います。

以上の教育課程における教育研究目標を達成するため,以下の方針に基づいたカリキュラムを編成し,実行します。

(1) 学士課程での教育によって習得した専門分野に関する知識をより深めるために専攻・講座内に編成された各教育研究分野の専門性に特化した特論を開設します。
(2) 生物資源学に関わる問題や研究成果について,自ら理解し,まとめるとともに,それを報告し,議論することで,プレゼンテーション能力,コミュニケーション能力を養うために各教育研究分野の専門性に関連した演習を開設します。
(3) 教育研究分野の専門性を超えた幅広い教養と学際的知識を習得するために専攻・講座共通科目の特論及び特別講義を開設します。
(4) 所属する教育研究分野の指導教員などの指導の下で,自ら研究課題を定め,研究計画を構築し,それを実行し,結果を考察し,まとめ,研究論文を作成する一連の過程を経験することで,博士前期課程学生が身につけるべき総合的な研究能力を涵養する特別研究Ⅰ・Ⅱを開設します。
(5) 専門技術者,研究者として必要な研究倫理を身につけるために研究倫理に係わる講習を行います。

生物資源学研究科博士前期課程カリキュラムマップ

<学修成果の評価>
特論・演習・特別講義等は授業形態に応じて,各授業で設定された到達目標への達成度,レポート,プレゼンテーション等の授業への取組みによって総合的に評価します。特別研究は学位論文に関連する研究に対する取組や成果等を評価します。学位論文は,別途定められた審査基準によって審査します。

このページの先頭へ

生物資源学研究科 博士後期課程

入学者受入れの方針
(アドミッション・ポリシー)

生物資源研究科が掲げる基本理念および教育目的に示す研究者を養成するため、以下の素養を備えている人を受け入れます。
(1) 生物資源の適正な開発・利用と環境保全に深い関心と意欲のある人。
(2) 自然科学に深い興味を持ち、生物資源に関する専門的な深い知識と高い学力のある人。
(3) 生物資源とその環境に関する研究を遂行するための高い能力を自ら研鑽し、修養できる人。
(4) 優れた識見と高い語学能力を持ち、国際的に通用するコミュニケーション力を身につけることのできる人。

上記の素養のある学生を選抜するため、以下の入学試験を実施します。
1) 一般選抜
 専門科目(筆記)で上記(2)を、外国語(英語)で上記(4)を、口述試験で上記(1)、(2)、(3)を評価し、選抜します。

2) 社会人特別選抜
 外国語(英語)で上記(4)を、口述試験で上記(1)、(2)、(3)を評価し、選抜します。

3) 外国人留学生特別選抜
 外国語(日本語又は英語)で上記(4)を、口述試験で上記(1)、(2)、(3)を評価し、選抜します。

学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)

生物資源の循環,生物資源の持続的生産,生物をとりまく環境の保全と修復,ならびに人類と資源生物との共生に関する教育研究活動を通じて,人類の生存と活動に基盤を与え,自然環境に配慮した生物資源の開発,保全,利用に貢献できる豊かな学識と洞察力を有する高度な専門技術者ならびに研究者の育成を目標に掲げ,各専攻で定めた所定の単位を修得した上で,以下の能力を備えている人に学位を授与します。

(1) 幅広い教養と倫理観,国際感覚を身につけている。
(2) 自然環境に配慮した生物資源の開発,保全,利用に貢献できる生物資源学の高度な専門知識と技術,経験を有している。
(3) 科学的で論理的な思考を展開することができ,計画的に問題の解決に取り組むことができる。
(4) 国際社会においても,他者と協力して問題解決に取り組むために十分なプレゼンテーション能力,コミュニケーション能力を身につけている。
(5) 国際基準に照らして十分に独創性のある研究を自立的に行うことができる。

教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)

ディプロマ・ポリシーで示した生物資源学に関連した能力を涵養するため,研究科博士後期課程に,資源循環学専攻,共生環境学専攻,生物圏生命科学専攻を置きます。
[資源循環学専攻]20世紀後半に急速に拡大した食料や石油エネルギーに由来する生活物質の大量生 産・大量消費・大量廃棄に基づく生活様式は,便利で快適である反面,深刻な地球温暖化問題や食料問題などを引き起こしています。これらの問題を解決するため,資源循環学専攻では食料生産,生物資源の有効利用,社会システムの構築を中心とした様々な基礎教育を基盤とし,総合力と応用力を養う教育・研究体制を整え,21世紀 の食料・環境問題の解決に取り組み,循環型社会の実現を目指します。
[共生環境学専攻]地球とそれが育む多様な生態系から成る地球生命圏の環境を理解し,人間活動と生態系が調和する持続的な生物生産システムの構築を目指し,陸圏・海洋圏・大気圏が複雑に連動する地球生態システムを対象に,気象学・環境科学・生態科学などに根ざした,農学・理学・工学を包含した総合科学的手法の教育・研究を行います。また,この複雑なシステムを数理的に読み解くことで環境変化や気候変動の仕組みを理解し,連動する人類と人間社会の諸課題に応えるために,フィールドワークを援用しながら最先端の教育・研究を行います。
[生物圏生命科学専攻]生命科学全般に関する基礎的学理及び海洋の資源生物の育成・保全・管理に関わる学問を構築し,実践的教育を通じてそれを学生に修得させることを目指しています。このため,個々の学生が資源生物の生命現象に関する基礎理論を生態系,群集,個体群,個体,器官,細胞,分子レベルで理解するとともに,生物科学の研究に必要な研究技法を修得するための教育・研究を行います。

以上の教育課程における教育研究目標を達成するため,以下の方針に基づいたカリキュラムを編成し,実行します。
(1) 専門的な学識を深めるため,指導教授が所属する専攻・講座において,それぞれの専門分野に特化した授業科目を専門の講義Ⅰ類として開設します。
(2) 幅広い視野と応用展開力を養うため,所属する専攻内の他講座あるいは他専攻による授業科目を専門の講義Ⅱ類として開設します。
(3) 自らの研究課題に関する知識及び研究手法を習得するとともに,他者と協力して問題解決に取り組むための十分なプレゼンテーション能力,コミュニケーション能力を身につけるため,ゼミナール形式の特別演習を開設します。
(4) 自らの研究課題及び生物資源学に関する幅広い知識を習得し,総合的研究能力の向上をはかるため,学際領域・専攻横断型のテーマで編成される特別講義を開設します。
(5) 附属教育研究施設での生物資源に関わるフィールドを対象とした調査研究を体験し,学際的な研究領域における幅広い調査研究の手法・技術を習得し,研究企画力を高める特別調査研究,特別実験を開設します。
(6) 所属する教育研究分野の主指導教員及び2名の副指導教員による複数指導体制の下で,自ら研究課題を定め,研究計画を構築し,それを実行し,結果を考察し,まとめ,研究論文を作成する博士後期課程学生として自立して研究を実行できる能力を身につけるため,課題研究を開設します。
(7) 専門技術者,研究者として必要な研究倫理を身につけるために研究倫理に係わる講習を行います。

生物資源学研究科博士後期課程カリキュラムマップ

<学修成果の評価>
専門の講義Ⅰ類・Ⅱ類及び特別講義は授業形態に応じて,各授業で設定された到達目標への達成度,レポート,プレゼンテーション等の授業への取組みによって総合的に評価します。課題研究,特別調査研究,特別演習等は学位論文に関連する研究に対する取組や成果及び学際領域の知識の習得等を評価します。学位論文は,別途定められた審査基準によって審査します。

このページの先頭へ