スズメバチに関する注意喚起について

2017年06月26日

学生および教職員の皆様へ

保健管理センター所長  新保 秀人

スズメバチに関する注意喚起について

キャンパス内でスズメバチが確認されているとの情報があります。
ハチの巣駆除もすすめていただいているところですが、屋外での作業、実習、授業(体育など)、課外活動などがより安全に行われるようご配慮をお願い申し上げます。

スズメバチに遭遇したら...
ハチの接近に驚いて騒いだり、はたき落そうとすると余計にハチが興奮して危険です。
ハチが周囲を飛び回るようなことがあれば、静かにゆっくりしゃがむか姿勢を低くして、静かにその場を離れましょう。

スズメバチのいそうな場所へ行くときは...
以下のことに注意しましょう。
・香水、化粧品、整髪料などをつけない
(スズメバチの警報フェロモンと同じ物質が含まれているものがある)
・黒色、暗色の服を避け、長袖・長ズボンを着用する
(黒色を攻撃する性質があることと、素肌を出さないことで被害を抑える)
・黒い頭髪の場合、帽子を被る

もしも刺されてしまったら...
患部を指で絞りながら水で毒を洗い流します。口で吸いだすのはやめましょう。
その後、傷口を冷やし保健管理センターにご相談ください。

アレルギー反応は人それぞれですが、じんましん、発汗、など、刺された場所の痛みや腫れ以外に全身的な症状が出ます。
それ以外に、呼吸困難、意識がもうろうとする、などが見られたらショック症状の兆候です。その場合は、躊躇せず救急車を呼びましょう。

最新の記事