グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

『2020年度リモート型インターンシップ取組紹介』を掲載しました

2020年10月21日

三重大学ではコロナ禍において、今後のインターンシップのあり方の一つとして、「リモート型インターンシップ」を推進しています。オンラインツール等を活用して、在宅で就業体験できるのが「リモート型インターンシップ」です。

導入当初は手探りの状態であったため、6月に企業の皆さんとZoomミーティングで意見交換を行うなどしたところ、夏季には複数の企業に実際にリモートで企画いただきました。

そこでリモート型インターンシップの取組事例について、実施内容やスケジュール、企業担当者や参加学生の声を紹介します。リモートならではの工夫やメリット等が多くあるとても有意義な内容です。
これから参加する学生の皆さんには、実際の様子がわかりますし、企業の方々には、リモートでインターンシップを充実させるヒントが多くありますので、ぜひご覧ください。なお、紹介事例は今後も増やしていく予定です。

事例集はこちら
http://www.mie-u.ac.jp/employment/Introduction_to_Remote_Internships.pdf

20201021_2020年度リモート型インターンシップ取組紹介 (1)
事前に学生自宅に郵送された商品を
使ったワークや、アレンジメニューを
考案したヤマモリ株式会社の
インターンシップ
20201021_2020年度リモート型インターンシップ取組紹介(3)
社員の方々が医師や病院職員役となり、
インターンシップ生が電話で要望を聞き出し
最適な提案を行う等実践的な内容が
多くあった株式会社八神製作所のインターンシップ

最新の記事