グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

自然科学系技術部「第4回理科教室」を開催しました

2020年09月10日

令和2年度三重大学地域貢献支援活動として「第4回理科教室」を開催しました。近隣の津市立北立誠小学校児童を参加対象として"日常生活における身近なものと学校授業での知識をリンクさせる事の出来る科学実験"というテーマをもとに、2つの実験を1~6年生の全学年向けに行いました。今年は新型コロナウイルス対策のため一緒に実験することが出来なかったのですが、ご家庭で理科実験が楽しめるキットを作成し、夏休みに応募者へ配布しました。生活に身近な材料で出来る、安全性にも配慮したキットになります。通常の理科教室では時間的に難しいテーマを選びましたので、お家で数日間楽しめたのではないでしょうか。申込時に両方実験したいという希望があったため、全員に両テーマの説明書を同封しております。

20200910_第4回理科教室(1)20200910_第4回理科教室(2)20200910_第4回理科教室(3)

パンフレットとキット作成風景



実験Ⅰ.尿素結晶を作って観察しよう~

1~6年生の50名が参加しました。尿素を水に溶かしてろ紙に析出させる簡単な実験ですが、ろ紙を好きな形に折り、色を塗ることで個性豊かな結晶ができます。尿素は肥料用にホームセンターで販売されている物を使用しました。子供だけでも実験しやすい様に水以外の材料は全てチューブに入れてあります。説明書は1年生でも分かりやすいように図や簡単な言葉で作成しました。
「キレイな結晶が育つことに驚いた」、「水に溶かす時に冷たくなったのが不思議だった」、「触ってみたらふわふわだった」、「結晶に水をかけたらもっと増えるかな?」など、子供ならではの感想、興味を持ってくれたようです。子供達から尿素結晶の写真がたくさん送られて来ました。どれもみんなに見せたくなるような素敵な作品ですね。

20200910_第4回理科教室(4)20200910_第4回理科教室(5)20200910_第4回理科教室(6)20200910_第4回理科教室(7)

20200910_第4回理科教室(8)20200910_第4回理科教室(9)20200910_第4回理科教室(10)

20200910_第4回理科教室(11)20200910_第4回理科教室(12)20200910_第4回理科教室(13)20200910_第4回理科教室(14)

20200910_第4回理科教室(15)20200910_第4回理科教室(16)20200910_第4回理科教室(17)20200910_第4回理科教室(18)

20200910_第4回理科教室(19)20200910_第4回理科教室(20)20200910_第4回理科教室(21)20200910_第4回理科教室(22)

20200910_第4回理科教室(23)20200910_第4回理科教室(24)20200910_第4回理科教室(25)

児童から送られてきた作品画像



実験Ⅱ.バスボムを作ってみよう~

1~6年生の50名が参加しました。材料は全て食品添加物の重曹、クエン酸、片栗粉で安全なグレードを用意しました。粉類と水を混ぜて成型する簡単な作業ですが、子供達には混ぜて固める操作が難しかったようです。子供たちの好きな食べ物の香料(エッセンス)を3種類配布したので、自分だけのオリジナルバスボムが作れたのではないでしょうか。アンケートでは、「水を入れたら冷たくなった」、「シュワシュワと二酸化炭素が出るのが面白かった」、「家にあるもので作れるなんて驚いた」、「お風呂に入れたらいい匂いがした」など、生活の中で楽しく活用できたようです。中学校で学習する化学反応ですが、実際に泡として二酸化炭素が目で見えるため、理科に興味を持つきっかけになったのではないかと思います。子供達から作成風景や作品写真を送って頂きましたが、消えてなくなる物ですから写真に残すのは少し難しかったようですね。

20200910_第4回理科教室(26)20200910_第4回理科教室(27)20200910_第4回理科教室(28)20200910_第4回理科教室(29)

20200910_第4回理科教室(30)20200910_第4回理科教室(31)20200910_第4回理科教室(32)

20200910_第4回理科教室(33)20200910_第4回理科教室(34)20200910_第4回理科教室(35)20200910_第4回理科教室(36)

20200910_第4回理科教室(37)20200910_第4回理科教室(38)

児童から送られてきた作成風景と作品画像



各テーマ定員50名で募集し、合計100名の児童にご参加いただきました。外出自粛中の夏休みでしたので、保護者の方にも喜んで頂けたようです。アンケートでは「毎年楽しみにしていました」、「来年は大学で理科実験したいです」、「家族で実験出来て良かったです」との嬉しい言葉をたくさん頂戴しました。実験を通して不思議に感じ、驚き、興味をもった様子を窺い知ることが出来ました。この機会に更にこの実験への理解を深めて貰えるよう解説資料を作成中です。
子供達だけでなく大人も理科離れが問題視されている現代ですが、実際に体験することで科学への興味や面白さを知るきっかけになるのではないでしょうか。今後も子供達が「科学って面白い!」と言って喜んでくれるような企画を開催したいと思います。

最新の記事