グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

令和2年度学業優秀学生に学長賞が授与されました

2020年06月05日

三重大学では、極めて優秀な学業の成果を挙げ、高い評価を受けた者で、本学の教育活動に関して他の学生の模範となるような学生に対して学長から表彰を行っています。
例年、三重大学開学記念日に行っている表彰式は、今年度は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、人文学部、医学部看護学科、生物資源学部の3年生、計18名に賞状、記念品と学長からのメッセージが届けられました。



20200605_令和2年度学業優秀学生に学長賞授与 (1).jpg

20200605_令和2年度学業優秀学生に学長賞授与 (2)
記念品のブックカバー



<受賞者> ※敬称略
 人文学部 (5名)
   文化学科      溝田 寧々    他1名
   法律経済学科    荻田 悠乃
             竹内 美里
             速水 陵嗣

 医学部 (3名)
   看護学科      亀田 妃美希
             羽田 彩香
             樋口 瑞季  

 生物資源学部 (10名)
   資源循環学科    池上 ゆか
             池山 耕太    他1名
   共生環境学科    服部 紗良
             山下 侑菜    他1名
   生物圏生命化学科  荒賀 駿人
             中井 夏穂
             湊 ひかり
   海洋生物資源学科  松本 愛莉 

                              計18名


駒田学長からのメッセージでは、現代社会の進歩の速さ、人工知能やロボティクス等の発達や普及について触れられ、「数十年後には機械が人類の能力を超え、人間が機械を制御できなくなるという"シンギュラリティ"が訪れると言われていますが、そんな未来社会においても学業優秀学生の皆さんは、しっかりと目的を持ち、自分の人生を逞しく切り開いていける人材であると信じています。今後も、ご自身の志を実現するため、しっかりと学問に取り組まれることをお願いしたいと思います。」と激励の言葉が送られました。

今後のみなさんの活躍を期待しています。

最新の記事