グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

国際交流Days「ロール巻子先生とお寿司を巻こう!」を開催しました

2020年02月17日

2月7日(金)、国際交流Daysの一環として、留学生を主な対象に飾り巻き寿司の講習会を開催しました。主催は本学の国際交流センターで、講師はメディア出演多数のロール巻子先生。先生は三重在住ですが、最近はドバイへの出張も含め、世界をかけめぐり巻き寿司を紹介されているとのこと。そして、なんと15年前は本学の職員さんだったそうです。サプライズ・プレゼントとして、本学の新制70周年記念のお祝いにと、「鯛」「祝」「70」を絵柄にしたかわいいお寿司も持参くださいました(ありがとうございました!)

参加者25名のうち、留学生は20名で、出身は13カ国(中国、タイ、ベトナム、ラオス、マレーシア、バングラディッシュ、カンボジア、フィリピン、スリランカ、セーシェル、ドイツ、フランス、パラグアイ)に及びました。

1_R2_R

コロナウィルスの影響もあり、講義の前には入念に手を洗い、マスクして準備万端。先生がこの季節で一番おすすめ、と選ばれた「梅の木」を巻きました。各参加者の前にはあらかじめ用意されたピンク色の包丁や巻きすが置かれ、一人一人に海苔や色とりどりの具材が渡されました。

3_R4_R


「お米はたこ焼きくらいの大きさで」と、先生は留学生にもわかりやすい説明をされ、欧州の留学生から「海苔には表裏がありますか?」との質問が。「すばらしい質問です!あります。ザラザラしている方に置いてください」と答えられ、鋭い質問に感心されたようでした。

具をすべて並べ、しっかりと巻いて包丁を入れた瞬間、飛び出してきた梅の絵柄に「すごい、きれい!」「Wow!」と留学生から喜びの喚声が上がりました。皆、「My 巻き寿司」をラップに包み、持ち帰りました。「友だちにあげたいから」が理由だそうです。最後は、巻子先生を囲んで記念撮影をし、大盛況のもと終了しました。

5_Rロール巻子さん集合写真


<参加留学生からのコメントから>
Yashodhaさん(スリランカ)"I shared it with others and they really love it with said "おいしい " Would definitely do this again in the future. Thank you for the wonderful event." 
コクナンさん(中国)「最後にロール巻子先生とじゃんけんをして、先生が作ったきれいな寿司をもらった時は本当に嬉しかったです。今回の巻き寿司イベントに参加することで、きれいな寿司の作り方を学ぶことができてとてもよかったです。いつか友達や家族にも作ってあげようと思っています。」

イベントの模様は、巻子先生のInstagramでも紹介されています。
https://www.instagram.com/rollmakiko/

7_R

ロール巻子さん70周年記念お寿司_R
「三重大学新制70周年記念」
作:ロール巻子先生

最新の記事