グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

三重大学伊賀連携フィールド「忍者・忍術学講座」を開催しました

2020年01月27日

1月25日、ハイトピア伊賀において、牧野悠先生(帝京大学講師)による「昭和30年代の忍法小説―柴田錬三郎と山田風太郎―」と題した講演が行われました。
大衆小説における「忍法」の部分に注目し、「忍法小説」という概念を設定し、柴田錬三郎と山田風太郎の忍法小説を多角的に分析されました。忍法創作における発想のしくみや、挿絵をふくむ独自の表現技法などについて、指摘していただきました。

20200125_昭和30年代の忍法小説―柴田錬三郎と山田風太郎― 伊賀連携フォールド高尾様・酒井様 (1)_R

最新の記事