グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

令和元年度三重大学知的財産表彰状授与式を挙行しました

2019年11月08日

11月1日(金)、事務局会議室において、令和元年度三重大学知的財産表彰状授与式を挙行しました。


20191101_知的財産表彰状授与式(広角) (1)


昨年度届け出があった45件の知的財産、62件の特許出願の中から、知的財産最優秀出願賞1件、知的財産優秀出願賞3件、知的財産活用賞1件の計5件の知的財産が選ばれ5名の教員と1名の卒業生が受賞しました。表彰式に出席した6名に、駒田美弘学長から一人ずつ表彰状と記念品が手渡され、各受賞者から発明の内容について紹介が行われました。


20191101_知的財産表彰状授与式(望遠) (16)-001 20191101_知的財産表彰状授与式(望遠) (8)


学長からは式辞として、三重大学の財務状況や基礎研究の重要性などに触れた上で、「皆さんまだお若いので、まだまだ特許を出していただくように頑張っていただきたい。大学としては、尖った研究を進めるのか、裾野を広げるのか、両方とも大事なのでそれをどう戦略的にやっていくのかが問題ですが、三重大らしいものができたらいいなと思う」と激励の言葉を贈りました。

20191101_知的財産表彰状授与式(望遠) (67)


〈三重大学知的財産最優秀出願賞〉

「繊維強化樹脂の切断加工方法及び切断加工装置」

大学院工学研究科 中西 栄徳 准教授

〈三重大学知的財産優秀出願賞〉

「座位姿勢作業用のアシスト器具」

大学院工学研究科 池浦 良淳 教授、近藤 伸哉 博士前期課程2年(発明時)

「細胞接着基板及びその製造方法」

大学院工学研究科 湊元 幹太 准教授

「抗原特異的な抗体の情報を取得する方法」

大学院生物資源学研究科 田丸 浩 教授

〈三重大学知的財産活用賞〉

「特異的遺伝子発現方法」

大学院医学系研究科 珠玖 洋 大学教員

最新の記事