グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

教育学部附属特別支援学校生徒8名の校外実習を受け入れました

2019年11月20日

 11月13日(水)~15()、本学教育学部附属特別支援学校の高等部2年生8名が三重大学構内において、学内プランタ整備、講堂・事務局の清掃及びリサイクル業務等をキャンパス環境整備室職員とともに行いました。
 この実習は、就業教育・就労支援の一環として行われる校外実習で、卒業後に一般企業等に就職し、自立するために働くことの経験、実践力・就労意識の向上などを目的にしています。この実習により、本学教職員の障がい者への就労に対する理解も深められました。


20191118_kogaijissyu_1

20191118_kogaijissyu_2

最新の記事