グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

「三重大学オープンキャンパス2019」(3日目:医学部看護学科)

2019年08月29日

8月19日(月)、三重大学医学部看護学科のオープンキャンパスが開催され、507名が参加しました。

全体IMG_0920

はじめに、講堂大ホールで林 智子 医学部看護学科長から学科紹介があり、次に西出 りつ子 教務委員長からカリキュラムの紹介、谷村 晋 入試委員長から入試についての説明がありました。また、現役の看護学科の学生による学生生活の紹介も行われました。

学科長挨拶IMG_0710-001カリキュラム紹介IMG_0730-001

入試説明IMG_0741-001現役学生IMG_0759

講堂大ホールでのガイダンスが終了すると、参加者は看護学科棟へ移動しました。
看護学科棟では「アカデミックコーナー」として教科書・図書の展示・研究紹介・大学院紹介、体験授業、国際交流報告会が行われました。実践看護学(小児看護学)教授の仁尾 かおり先生による体験授業「小児看護の役割~子どもの成長発達の特徴から子どもに起こりやすい事故を考える~」には多くの参加があり、熱心に授業に聞き入る様子が見られました。国際交流報告会では学生から海外の大学で経験してきた内容や、留学生との学内交流についての報告があり、参加者からは留学についての質問などがありました。 

教科書展示IMG_0763体験授業IMG_0774

(左)教科書・図書の展示・研究紹介・大学院紹介 (右)体験授業
 

国際交流報告会IMG_0818-001

国際交流報告会 

また、看護に関する「体験実習」の企画も開催されました。
1階では「人の一生を看てみよう!」というテーマで赤ちゃんの看護が体験できるコーナーや、子どもの視界を体験できるコーナー、また高齢者の疑似体験ができるコーナーなどがありました。
5階では「ちょっとスキルズ・ラボ体験!」として吸引のシミュレーションや、動脈血酸素飽和度や脈拍数を測定できるパルスオキシメーターなどの医療機器の体験の他、4年生が今までの実習経験を踏まえて参加者の疑問や質問に答える実習報告コーナーが設けられました。
参加者はそれぞれ興味のあるコーナーで、教員や学生の指導を受けながら体験を楽しんでいる様子が見られました。

赤ちゃん抱っこIMG_8555-001チャイルドビジョンIMG_8558

(左)赤ちゃんの看護体験 (右)子どもの視界体験

高齢者の疑似体験IMG_8549吸引シミュレーションIMG_8564-001

 (左)高齢者の疑似体験 (右)吸引のシミュレーション体験

パルスオキシメータ―IMG_8583-001実習報告IMG_8579-001

 (左)パルスオキシメーターの体験 (右)実習報告コーナー

その他、入試・教育内容・学生生活、就職情報などについて教職員に直接質問が行える「なんでも相談コーナー(個別相談)」や、実際に医療の現場で働いている卒業生から話を聴くことができる「先輩との交流コーナー」も設置され、参加者で賑わいました。

なんでも相談コーナーIMG_0795先輩との交流コーナーIMG_8596-001

(左)なんでも相談コーナー (右)先輩との交流コーナー

附属病院見学ツアーも開催され、看護学科について新しい発見が得られたのではないでしょうか?
皆さんのご入学を心よりお待ちしております!

最新の記事