グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

令和元年度生命の駅伝がん研究奨励賞授与式を挙行しました

2019年07月03日

 72()、医学部附属病院外来・診療棟5階の大ホールにおいて、令和元年度生命の駅伝がん研究奨励賞授与式を挙行しました。

20190703_NKN_0860 _R

 走りながらがん研究の募金を呼び掛けるチャリティーイベント「第25回生命(いのち)の駅伝(EKIDEN for LIFE)」が512日(日)~ 6月1日(土)に県内を中心に行われました。選考委員会により採択された下記プロジェクトに「生命の駅伝がん研究奨励賞」と研究の支援金として、チャリティーイベントで集められた募金が授与されました。
《受賞者と研究概要》
医学医療教育学講座 教授 堀 浩樹
 「小児固形腫瘍に対する解糖系阻害剤を併用した光線力学療法の開発」
分子病態学講座 助教 阿栄 高娃
 「正常腸上皮由来エキソソームの大腸癌浸潤・転移抑制効果と作用機序」
消化管・小児外科 助教 北嶋 貴仁
 「胃癌におけるEMAST検索と抗PD-1抗体による抗腫瘍免疫応答の解明」
腫瘍病理学 技術職員 松田 知世
 「前立腺がんのホルモン療法反応性を規定する線維芽細胞由来可溶性分子の同定」
輸血・細胞治療部 准教授 大石 晃嗣
 「ヒト樹状細胞の分化制御機構の解明」
消化器・肝臓内科 助教 濱田 康彦
 「消化管癌における抗がん剤抵抗性と悪性度に関与する因子の探索」

たくさんのご協力をいただき、ありがとうございました。

最新の記事