グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

SciLets講演会「環境問題の解決と地方創生に資する『科学的地域環境人材育成事業』の取り組み」を開催しました

2019年03月14日

3月8日(金)、文部科学省「情報ひろば」ラウンジにおいて、SciLets講演会「環境問題の解決と地方創生に資する『科学的地域環境人材育成事業』の取り組み」を開催しました。この講演会は、1月から4月にかけて文部科学省「情報ひろば」で開催中の展示企画「環境問題の解決や地方創生に資する『科学的地域環境人材育成事業』の取り組み」の一環として行いました。

20190308_文部科学省SciLetsイベント (19)_R

 

講演に先立ち、尾藤理事から「三重大学は様々な事業に取り組んでいますが、特に地域貢献と環境関係の事業に力を入れています。SciLetsの事業についても今三重大学の主要な事業として実施しており、現在130名ほどの方が受講し、資格授与者は30余名に上っています。本日は本学の教員2名の他、SDGs未来都市として選定された志摩市の浦中様からお話をいただける予定ですので、2時間ほどの間ですが貴重な時間にしていただければと思います」と挨拶がありました。

講演では、まず国際環境教育研究センター科学的地域環境人材育成部門長でもある生物資源学研究科 佐藤邦夫教授から、「パリ協定時代における地域の環境教育と振興」と題して講演を行いました。

20190308_文部科学省SciLetsイベント (8)_R20190308_文部科学省SciLetsイベント (14)_R

続いて、SciLets連携パートナーである志摩市の政策推進部里海推進室 浦中秀人室長から、「御食国を未来につなぐ~SDGs未来都市・志摩市~」として志摩市の取り組みについての講演、工学系研究科 金子 聡教授からは「地域と連携する環境研究開発」と題してSciLets育成事業の教育に関連する研究紹介があり、参加者は熱心に耳を傾けました。

20190308_文部科学省SciLetsイベント (32)_R20190308_文部科学省SciLetsイベント (61)_R

 

文部科学省「情報ひろば」での展示企画「環境問題の解決や地方創生に資する『科学的地域環境人材育成事業』の取り組み」は4月19日(金)まで開催予定ですので、是非お越しください。

 

展示企画の詳細はチラシをご覧ください。

A4_R

最新の記事