グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

第17回三重大学発 産学官連携セミナーin 伊賀を開催しました

2019年02月13日

2月5日(火)伊賀市のヒルホテルサンピア伊賀において第17回三重大学発産学官連携セミナーin 伊賀を開催しました。

本学は、平成21年に伊賀の地域並びに企業・行政が有する「資源・技術・文化」と大学の「知」が連携して「環境・食・文化」を中心に地域活性化を進める伊賀研究拠点を設立し、その後平成28年11月からは、地域拠点サテライト伊賀サテライト伊賀研究拠点として現在に至っています。 今年度は、「歴史文化的資源を活かした地方都市再生の展望」をテーマに市民の皆様と一緒に地域の進展に向けて考える機会として本セミナーを企画いたしました。 このセミナーが今後の「まちづくり」の良いヒントになればと思います。

当日のプログラム

【開会挨拶】  駒田美弘三重大学長

        岡本 栄伊賀市長

【基調講演】

  「金沢市における歴史文化的資源を活かしたまちづくり」   

   特定非営利活動法人金澤町家研究会 川上光彦理事長   

   (金沢大学名誉教授)

20190205_第17回三重大学発産学官連携セミナーin伊賀 (21)_R

【講演1】

  「柳ケ瀬商店街における空きビル等の不動産ストックを活用した地域再生」  

   岐阜大学 出村嘉史准教授

   (柳ケ瀬を楽しいまちにする株式会社取締役)     

    20190205_第17回三重大学発産学官連携セミナーin伊賀 (26)_R

【講演2】

  「地方都市再生に向けた歴史文化的資源を活かす景観施策の実践」

   三重大学大学院工学研究科 浅野 聡准教授

   (伊賀市景観審議会会長・みえ歴史的町並みネットワーク代表)

   20190205_第17回三重大学発産学官連携セミナーin伊賀 (34)_R

【講演3】

  「伊賀市における歴史的風致維持向上計画への取り組み」   

   伊賀市教育委員会文化財課 福島伸孝主査

  20190205_第17回三重大学発産学官連携セミナーin伊賀 (38)_R

【パネルディスカッション】

  「歴史文化的資源を活かした地方都市再生の展望」

   三重大学工学研究科浅野 聡准教授がコーディネーターとなり、川上光彦理事長、出村嘉史准教授、福島伸孝主査
   の3名のパネリストで、歴史文化的資源の活用の際の課題や、今後活用していくうえでの工夫すべき点などについ
   てディスカッションが行われました。今後の伊賀市の取り組みへの期待についても述べられました。

  20190205_第17回三重大学発産学官連携セミナーin伊賀 (52)_R

【報告】

  「夏の科学実習」

   三重県立上野高等学校理数科1年生の皆さんによる「飲み水を科学で調べる」と題して夏の科学実習の報告があり

   ました。

  20190205_第17回三重大学発産学官連携セミナーin伊賀 (67)_R

【閉会挨拶】  伊賀市文化都市協会  中村忠明理事長


 
  

最新の記事