グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

三重大学伊賀連携フィールド「忍者・忍術学講座」を開催しました

2018年09月18日

9月15日(土)ハイトピア伊賀において、高尾善希国際忍者研究センター准教授による「徳川幕府伊賀者の成立と展開」と題した講演が行われました。戦国時代の伊賀者は傭兵として他国稼ぎを行い、有能な忍者集団として認識されて家康にも仕え、江戸周辺の要所の守り、さらには各地でも伊賀者として警備などに携わり、後には「伊賀者」と言っても伊賀出身の人物には限らないと話されました。

20180915_R

最新の記事