三重大学地域イノベーション学研究科と南伊勢町及び株式会社みなみいせ商会との連携・協力に関する覚書調印式を行いました

2018年07月31日

7月20日(金)、地域イノベーション研究開発拠点A棟3階 研修・会議室において、地域イノベーション学研究科と南伊勢町及び株式会社みなみいせ商会との連携・協力に関する覚書調印式を行いました。株式会社みなみいせ商会は、南伊勢町が100%出資を行い、小山 巧 南伊勢町長が代表取締役を勤める企業です。

20180720_地域イノベと南伊勢町及びみなみいせ商会との覚書調印式 望遠 (7)_R 20180720_地域イノベと南伊勢町及びみなみいせ商会との覚書調印式 望遠 (12)_R

調印式では、まず、小山 巧 南伊勢町長(株式会社みなみいせ商会代表取締役)より「みなみいせ商会は立ち上げから三重大学の協力を受け、順調に活動を続けてきた。今後も地域の資源を活用し、地域の課題を解決する活動を進めていきたい」、三宅 秀人 地域イノベーション学研究科長より「大学には様々な専門知識を持つ教員がいる。地域イノベーション学研究科が窓口となり、大学全体として多様な協力を行っていきたい」と挨拶があり、続いて覚書に署名が行われました。

20180720_地域イノベと南伊勢町及びみなみいせ商会との覚書調印式 望遠 (17)_R

 今回の覚書は、地域イノベーション学研究科、南伊勢町、株式会社みなみいせ商会の三者が連携・協力を行うことにより、株式会社みなみいせ商会の活動を通した南伊勢町の地域振興及び地域イノベーション学研究科における教育・研究の充実、発展に寄与することを目的としています。具体的には、みなみいせ商会における三重大学生のインターンシップの実施、三重大学教員・学生による三重県近郊の商圏調査やトレンド調査、モニター調査などの実施が予定されています。今後の連携活動に期待が高まります。

20180720_地域イノベと南伊勢町及びみなみいせ商会との覚書調印式 望遠 (35)_R

最新の記事