グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

第26回三重大学・中部電力連携協議会および連携活動報告会が行われました

2018年06月20日

6月15日(金)、地域イノベーション研究開発拠点C棟の地域イノベーションホールにおいて、第26回三重大学・中部電力連携協議会および連携活動報告会が行われました。

午前に行われた連携協議会では、冒頭に、鶴岡信治理事(研究・社会連携担当)・副学長から、中部電力の支援に対する謝辞と「今後も地域に喜んでいただける中部電力と三重大学となるように実質的な活動を行っていきたいと思います」と挨拶があり、続いて中部電力株式会社・古田真二三重支店長から、「中部電力としては、事業環境が大きく変わる中でも、地域社会の持続的な発展を理念とした三重大学との連携活動を続けていきたいと思います」と挨拶がありました。

20180615_三重大学・中部電力連携協議会および連携活動報告会 (1)_R 20180615_三重大学・中部電力連携協議会および連携活動報告会 (2)_R

            鶴岡理事                     古田支店長

その後、平成29年度の活動状況の報告と平成30年度の連携活動について協議が行われました。

20180615_三重大学・中部電力連携協議会および連携活動報告会 (3)_R

午後に行われた連携活動報告会は、学生も含めた76名が参加する中、8名の教員から報告があり、活発な質疑応答が行われるなど、有意義な報告会となりました。

20180615_三重大学・中部電力連携協議会および連携活動報告会 (4)_R

最新の記事