「生命(いのち)の駅伝」が開催されました

2018年06月05日

5月13日(日)~27日(日)まで、がん研究を応援するために県内全域計480キロを走り募金活動を行う「生命(いのち)の駅伝」が開催されました。その募金は三重大学に寄付され、がん研究に役立てられています。
このオープニングイベントの一環として、三重大学三翠ホールで、「生命の駅伝」ジョイント市民公開講座を開催しました。はじめに、三重大学附属病院の伊藤正明病院長から開会の挨拶がありました。その後、この寄附金を授与された4人の研究者が研究成果を発表し、三重大学検査医学の中谷中教授の「がんゲノム医療の最先端について」の講演が行われ、146名の一般市民の方が参加されました。
午後からは、三重大学の学内を走るイベントも開催されました。

20180608_CIMG3383 - コピー_R

開会の挨拶をする伊藤病院長

20180608_CIMG3417 - コピー_R

講演を行う齋藤佳菜子 医学部附属病院助教

最新の記事