三重大学伊賀連携フィールド「忍者・忍術学講座」を開催しました

2018年01月10日

1月6日(土)ハイトピア伊賀において、川見典久黒川古文化研究所研究員による「戦国の実戦刀と忍者」と題した講演が行われました。実戦での武器の使用方法、刀の構造と時代による変化、さらには法隆寺西円堂の奉納刀の分析から、戦国時代に一般に用いられたと考えられる刀について、詳しく解説していただきました。
IMG_6296

最新の記事