第24回Tri-U国際ジョイントセミナー&シンポジウムが終了しました!

2017年11月02日

10月27日(金)、三翠ホールにおいて、第24回Tri-U国際ジョイントセミナー&シンポジウムの締めくくりとなるワークショップ成果発表とクロージングセレモニーが行われました。

Tri-U国際ジョイントセミナー&シンポジウムは、三重大学(日本)、江蘇大学(中国)、チェンマイ大学(タイ)、2011年度に新たに加わったボゴール農科大学(インドネシア)の4つの大学が毎年交代で開催校となって開催する、学生を中心とした研究発表と国際交流を兼ねた研究発表会です。

研究発表は「人口・食料・エネルギー・環境」という当初からのテーマと、開催校設定のテーマ(今年度に三重大学設定テーマは"Children")のもとにすべてが英語で行われます。

2017年は三重大学で10月24日(火)から4日間にわたって開催され、中国、タイ、インドネシア、ミャンマー、ロシアの6カ国11大学から集まった100名を超える学生・教職員が口頭発表やポスター発表を行いました。

20171026_Tri-U学生発表・ポスター発表後半(広角) (3)_R 20171026_Tri-U学生発表・ポスター発表後半(広角) (4)_R

 

10月27日(金)に行われたワークショップ成果発表では、10月25日(水)のスタディツアーで、北勢、伊賀、伊勢志摩、東紀州の各サテライト方面を訪れた学生達が、それぞれにワークショップを行い、その成果を発表しました。

20171027_Tri-Uクロージングセレモニー広角 (10)_R

続いて行われたクロージングセレモニーでは、各発表テーマごとにベストポスター賞、ベストプレゼン賞が表彰され、堀 浩樹 副学長(国際交流担当)からの閉会の挨拶が行われました。

20171027_Tri-Uクロージングセレモニー望遠 (46)_R

最後に、駒田美弘学長より来年のホスト校を務めるチェンマイ大学Nat Vorayos工学部長へフラッグが手渡され、三重大学で開催された第24回Tri-U国際ジョイントセミナー&シンポジウムが締めくくられました。

20171027_Tri-Uクロージングセレモニー望遠 (50)_R

最新の記事