平成29年度「三重大学生活体験講座」が行われました

2017年08月21日

8月17日(木)、18日(金)、医学部校舎及び生物資源学部校舎において、平成29年度「三重大学生活体験講座」が行われました。

20170821_seikatutaiken_R

本体験講座は、伊賀地区の高等学校と松阪高等学校の生徒が大学へ自ら出向いて学生生活などを模擬体験することにより、大学での研究内容と高等学校での学習内容との関係について理解を深めるとともに、大学卒業後の生き方・在り方について考え、自己の能力・適正に応じた主体的な進路選択能力を高めることを目的としています。1日目は人文学部・教育学部・医学部看護学科、2日目は工学部・生物資源学部の体験講座が行われ、延べ430人が参加しました。

20170821_seikatutaiken3_R 20170821_seikatutaiken2_R     

開講式では、山本理事から「今日一日は、三重大学での学生生活をしっかりと体験して、自身の将来を考える上での参考にしてください」との言葉がありました。

続いて学部生による学生生活や研究内容の紹介、教員からの学部説明や体験授業、伊賀地域企業との共同研究支援拠点である「伊賀研究拠点」の紹介などが順次行われ、参加した生徒たちは熱心に資料に目を通しながら講話に聞き入っていました。今回の体験講座は、生徒達にとって、三重大学での学生生活を体験出来る有意義な時間となったようです。

20170821_seikatutaiken6_R 20170821_seikatutaiken5_R

20170821_seikatutaiken4_R

最新の記事