グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

三重大学伊賀連携フィールド「忍者・忍術学講座」を開催

2017年07月21日

7月15日(土)ハイトピア伊賀において、竹田憲治三重県教育委員会社会教育・文化財保護課班長による「戦国時代 伊賀国の石造物情勢は複雑奇怪なり」と題した講演が行われました。
中世石造物に関して、室町時代は奈良の影響が強いのに対し、戦国時代になると郡によって材質がそれぞれ異なり、多様化が進んでいるという興味深い調査結果を報告していただきました。

20170721_ninnjya

最新の記事