グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

第11回社長セミナーが開催されました

2016年12月15日

11月30日(水)、環境・情報科学館3階5・6教室にて、松阪木材株式会社の村林稔社長をお迎えして、社長セミナーを開催しました。

20161130_第11回社長セミナー  (1).png_R

講演では、村林社長から国産材の良さ、また三重県内にこんな会社があるんだと知ってもらえればということで、事業内容や会社の歴史、最近の取り組みについてのお話しがありました。

事業紹介では、12ヘクタールの敷地で木材産業の集積地として機能しているという日本初の木材コンビナートについてや各工場での役割をご説明いただきました。

会社の歴史の紹介の際には、昭和28年4月に設立という長い歴史の中で、業界紙に載せた設立当時の広告や記念市の様子等、その当時のエピソードとともにたくさんの貴重な写真をご紹介していただきました。

また、最近の取り組みとして三重県産ヒノキを使用して、互い違いに木材を積層接着することで、それぞれの方向に対する変形を抑制したり、補強したりすることができる薄型交集成板「CLT」(cross Laminated Timber)のご紹介がありました。

20161130_第11回社長セミナー  (2).png_R 20161130_第11回社長セミナー  (4)_R

講演後に行われた質問コーナーでは、村林社長と本学OBの社員2名を含め実物の木材に触れ木の香りに包まれながら学生と活発な意見交換が行われました。

20161130_第11回社長セミナー  (3).png_R

村林社長、貴重なお時間をいただきありがとうございました。

最新の記事