グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

留学生への自転車譲渡式を開催しました

2016年11月17日

10月7日(金)、環境・情報科学館1階ホールにおいて、留学生への自転車譲渡式を開催しました。

20161007自転車譲渡式 (3)_R

本学は、キャンパスが広いため、自転車での移動が大変便利ですが、不要となった自転車の放置による緊急経路の妨げや景観悪化などの問題から、環境ISO学生委員会が学務部学生サービスと共同で放置自転車を回収する活動を行っています。

20161007_2_R

また、環境ISO学生委員会は、放置自転車対策活動の一環として、放置自転車とみなされた自転車を法的な手続きを経て点検・修理し無償で譲渡する活動も行っています。

20161007_3_R

今年度は、4月の譲渡8台に引き続き、2回目の留学生への譲渡で、今回は24台の自転車について防犯登録、学内の自転車登録がされているかを確認のうえ譲渡しました。譲渡式冒頭では、加納国際環境教育研究センター長から三重大学および環境ISO学生委員会の環境活動の説明があり、また環境ISO学生委員会自転車班長の中西さんから、自転車の取り扱い等の説明がありました。

20161007_5_R

その後、留学生を代表してカレナ・オレーナさんからお礼の言葉があり、最後に後藤学生総合支援センター長より環境ISO学生員会への謝辞を以て、譲渡式が終了しました。

2016.10.7_03_R

環境ISO学生委員会は、放置自転車減少につながるよう、卒業生の自転車回収活動も実施しています。

最新の記事