グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

「第14回 青少年のための科学の祭典2016」を開催

2016年11月28日

11月12日(土)・13日(日)、三翠ホール(講堂)において、「第14回 青少年のための科学の祭典2016」を開催しました。

科学技術振興の原点として、子どもたちに科学の魅力を体験してもらうことを目的とし、毎年開催しています。今回は37のブース出展があり、同時開催の「第10回 サイエンス on ステージ」(中部電力と共催)では2日間で7つのサイエンスショーが行なわれました。大会の様子は、ZTVの地元のイベント紹介番組でも放映されました。

20161112.13_seisyounennotamenokagakunosaite (1)

はじめに鶴岡信治 三重大学理事(研究担当)より「三重大学は地域貢献大学として、地域との交流が重要であり、その活動の一つとして科学の祭典があります。子どもたちの科学の芽を育むように、子どもたちに楽しい体験をしていただければと思います」と挨拶がありました。続いて、出展者を代表して教育学部の磯部由香教授から「この大会の参加は学生教育の一環としても行っており、教員を目指す学生にとって、教育現場以外での子どもを見る機会となり、子どもに分かり易く説明する経験にもなります」との挨拶がありました。また、公益財団法人中部科学センターの西沢一敏部長より「中部サイエンスネットワーク」(https://kagakuasobo.net/ 外部サイト)の紹介がありました。

2日間とも晴天にめぐまれ、来場者数は3,416名と、今年もたくさんの方に参加していただきました。

来場者の皆さんには、ブースで様々な科学体験をして楽しんでもらいました。

20161112.13_seisyounennotamenokagakunosaite (2) 20161112.13_seisyounennotamenokagakunosaite (3)

20161112.13_seisyounennotamenokagakunosaite (4) 20161112.13_seisyounennotamenokagakunosaite (5)

20161112.13_seisyounennotamenokagakunosaite (6) 20161112.13_seisyounennotamenokagakunosaite (7)

また、大ホールで行われたサイエンス on ステージでは、サイエンスショーを見るだけでなく、参加者にもステージで科学体験するなど、会場と一体になってショーが行なわれました。

20161112.13_seisyounennotamenokagakunosaite (8) 20161112.13_seisyounennotamenokagakunosaite (11)

20161112.13_seisyounennotamenokagakunosaite (10) 20161112.13_seisyounennotamenokagakunosaite (9)

最新の記事