グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

平成28年度科研費説明会を開催

2016年09月23日

9月9日(金)および16日(金)、地域イノベーション研究開発拠点低層棟3Fホールにおいて、学内教職員を対象に「平成28年度科研費説明会」を開催し、2日間で延べ147人の参加がありました。

説明会の冒頭では、吉岡 基副学長(研究担当)から、本学の科研費獲得金額・件数の推移についてグラフの提示があり、第3期中期計画目標に向けた科研費応募の重要性について説明がありました。

2060906.16_kakenhisetsumeikai (1)

9日(金)の第1回では、珠玖 洋名誉教授から「誰のための申請か?」、西村訓弘副学長(社会連携担当)から「わかりやすい申請書の書き方」と題した講演が行われました。珠玖名誉教授から、科研費の応募は、本当に何がしたいのかを突き詰め、研究と自分のやりたい事を整理するための機会であるとの話があり、西村副学長からは「提案」が採択されるためには、提案内容が正しく審査委員に理解されることが重要との内容で説明がありました。

2060906.16_kakenhisetsumeikai (2) 2060906.16_kakenhisetsumeikai (3)

16日(金)の第2回では、鶴岡信治理事(研究担当)・副学長から「専門外の審査委員に研究の独創性・有用性を理解してもらうには?」、医学系研究科の及川伸二准教授から「科研費を出そう!~魅力ある研究計画調書の作成を目指して~」と題した講演が行われました。鶴岡理事からは審査のポイントとなる視点や専門外の審査員が面白いと思う内容の書き方について説明があり、及川准教授からは、豊富な審査員経験上得た計画調書の具体的な書き方について、わかりやすい内容で説明がありました。

2060906.16_kakenhisetsumeikai (4) 2060906.16_kakenhisetsumeikai (5)

両日とも4講師からの講演以外に、担当職員から「公的研究費の適正な使用」および「平成29年度科研費公募」について説明があり、質疑応答も行われ、有意義な説明会となりました。

最新の記事